エアインディアがムンバイからニューヨークへの直行便を再開

エアインディアがムンバイからニューヨークへの直行便を再開

航空会社は以前、ニューデリーを経由してJFKに飛んでいましたが、後に廃止されました。 (画像クレジット:Twitter)


航空会社の関係者によると、国営航空会社のエアインディアは、12月からニューヨークのJFK空港への直行便で市内を結ぶ予定です。航空会社は現在、市内からニューアークのリバティー空港への毎日のサービスを飛んでいます。 「私たちはすでにニューデリーから運航しているムンバイからJFK空港への航空サービスを12月7日から開始します。

フライトは週に3回運航されます」と当局者はPTIに語った。航空会社は以前、ニューデリーを経由してJFKに飛んでいましたが、後に廃止されました。 「今、私たちはこの新しいフライトでムンバイからニューヨークへの直接接続を提供するのは初めてです」と当局者は言いました。



これは、エアインディアが今年ムンバイから出発する2番目の国際便です。当局者によると、ムンバイ-ニューヨーク航路はボーイングB777-300ER機が運航する予定で、10月16日にフランクフルトへの運航を再開した。現在、政府が運営する航空会社は、ニューデリーからニューヨーク、ワシントン、サンフランシスコに飛んでいます。ムンバイからニューアークに加えて、ハイデラバードからニューデリーまでのシカゴ。

現在、サンフランシスコへは週9回、シカゴ、ニューアーク、JFKへは週7回、ワシントンへは週3回運航しています。新しいフライトの開始に続いて、エアインディアは公式によると、ニューデリー、ムンバイ、ハイデラバードから米国の都市への週に合計36便を提供します。


(代理店からの入力あり。)