アリータ:バトルエンジェル2 –ロバートロドリゲスがディズニーが続編を許可すると考える理由

アリータ:バトルエンジェル2 –ロバートロドリゲスがディズニーが続編を許可すると考える理由

アリータ:バトルエンジェルは、日本の漫画家木城ゆきとによるシリーズバトルエンジェルアリタに基づいた2019年の映画です。画像クレジット:Facebook /アリタ:バトルエンジェル


サイバーパンクアクション映画「アリータ:バトルエンジェル」の大成功の後、ファンは「アリータ:バトルエンジェル2」を求めています。「アリータ:バトルエンジェル」のオンライングループ「アリータ:バトルエンジェル」は、次の続編のキャンペーンを開始しました。最初の映画は全世界で4億400万米ドルの収益を上げ、ロドリゲスで最も収益の高い映画になりました。また、批評家からさまざまなレビューを受け、ローササラザール(アリタ)の卓越したパフォーマンスを称賛しました。

クリストフ・ヴァルツ(ダイソン・イド博士を演じた)によると、ディズニーが決定を下す権利を持っているので、彼らは複数の続編を持っていないかもしれません。監督のロバート・ロドリゲスとプロデューサーのジェームズ・キャメロンは常に映画の続編を作りたいと思っていますが、制作会社であり配給会社である20世紀フォックスは最後の独立したタイトルとしてアリータ:バトルエンジェルを配布しました。ロバート・ロドリゲスは、アリータ:バトルエンジェル2のチャンスがあると信じています。



「私は何でも可能だと思います。ディズニーはフォックスを購入しました、そして彼らはディズニー+を持っているので、それは会話の価値があります。私は他の人が別のものを見たいと思っていることを知っています、そして私は別のものをやりたいです。どこに行くのか、どのように作られるのかということに関しては、ストリーミングは続編など多くの機会を開いたと思います。それはすでに事前販売されたコンセプトであり、それを見たいと思っている組み込みのオーディエンスをすでに持っており、それから彼らが最も消費しやすい方法で彼らに届けられます。だから、それは悪い考えではない」と監督は言った。

アリータ:バトルエンジェルは、日本の漫画家木城ゆきとによるシリーズバトルエンジェルアリタに基づいた2019年の映画です。物語は行動、愛、そしてエンパワーメントに満ちています。この映画は、終末後の世界を描いた未来の数世紀に向けて設定されています。アリタは、科学者のダイソン・イド博士によって鉄の街の廃品置き場で発見された、無傷の人間の脳を持った肉体のない女性のサイボーグです。彼は無意識のアリタをクリニックに連れて行きます。彼女は過去の記憶喪失症候群で目覚めます。ゆっくりとアリタは彼女の新しい人生とアイアンシティの危険な通りを操縦することを学びます。イド博士は、アリタを彼女の不思議な過去から守ろうとしています。その後、彼女はハンターウォリアーとして彼女を登録しました。


ローササラザールは、撮影された場合、常にアリータ:バトルエンジェル2に戻りたいと思っています。彼女は彼女のキャラクターと映画シリーズをとても愛しています、と彼女は言いました '私は最後の息までアリタを演じます。私はそうします、そしてパフォーマンスキャプチャテクノロジーのおかげで、私はおそらくそうすることができました。

アリータ:バトルエンジェル2には正式なリリース日はありません。 Everysecondcounts-themovieに注目して、ハリウッド映画の最新情報を入手してください。


また読む: インディ・ジョーンズ5:ハリソン・フォードは、「私たちはそれが最高であることを望んでいます」と言います