アメリカ人は二度と握手してはいけません:Fauci

アメリカ人は二度と握手してはいけません:Fauci

代表的な画像画像クレジット:Pixabay


米国の最高の感染症専門家であるアンソニー・ファウチは、アメリカ人は二度と握手してはならないと述べ、この慣行は新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐだけでなく、国内でのインフルエンザの発生を劇的に減らすだろうと強調した。国立アレルギー感染症研究所の所長であり、コロナウイルスに関するホワイトハウスタスクフォースの主任メンバーであるフォーチ氏は、手を洗うことは人々の日常生活の必需品であるべきだと述べた。

「正直に言うと、二度と握手するべきではないと思う」とフォーチはポッドキャストのインタビューでウォールストリートジャーナルに語った。 「コロナウイルス病を予防することは良いだけでなく、おそらくこの国でインフルエンザの発生を劇的に減らすでしょう」と彼は言いました。過去数週間にわたって、ファウチはコロナウイルスとの戦いの重要人物として浮上し、握手に対して最も声高に発言してきました。



「社会として、握手をすることを忘れてください。握手する必要はありません。私たちはその習慣を破らなければならない」と彼は火曜日の別のインタビューでシンクレア・ブロードキャスト・グループに語った。 「実際のところ、それは呼吸器系の病気を感染させる主要な方法の1つだからです」と彼は言いました。

ウイルスの拡散を封じ込めるために取られる可能性のある対策についての質問に答えて、彼は言った、「あなたが徐々に戻ってきたとき、あなたは両足でそれに飛び込むことはありません。あなたは、あなたがまだできること、そしてまだ正常に近づくことができることは何ですか?それらの1つは絶対的な強迫的な手洗いです。もう1つは、誰の手を振らないことです。」ここ数週間、ドナルド・トランプ大統領は、アメリカ文化の一部である握手を廃止することについて話していました。 「そして、率直に言って、握手などのガイドラインの多くは、もはや人々が握手することはないでしょう。トランプ氏は先月のホワイトハウスの記者会見で記者団に語った。


「彼は、私たちが握手をしなければ、インフルエンザが減るだろう、通常のインフルエンザはかなり減るだろうと言っていました」と彼は言いました。ハーバードメディカルガゼットは最近、挨拶、承認、または取引の成立という普遍的な形式が過去のものになるのではないかと考える人もいると述べました。

過去数週間で、この慣行は急速に消滅し、フィストバンプとピースサイン、頭のうなずきと足のタップに取って代わられました。これらはすべて、ウイルスの拡散を助ける密接な接触を制限するためです。 「これはパンデミックであり、集団免疫が事実上ないため、そして人々が発症前または最小限の症状を示している間に感染する可能性があることがわかっているため、握手するたびに、あなたまたはあなたが握手している人をさらすリスクがありますウイルスについて」、ハーバード大学公衆衛生学部の疫学准教授、ウィリアム・ハナゲChan School of Public Healthは、ハーバード大学医学部の官報で述べていると伝えられています。


ハナゲ氏は、ひじの隆起でさえ人々をより密接に接触させると述べ、ヒンドゥー教のナマステの挨拶を勧めた。ジョンズホプキンス大学コロナウイルスリソースセンターによると、米国は432,132で世界で最も感染数が多く、この病気は国内で14,817人の命を奪っています。

世界的に、88,538人がコロナウイルスにより死亡し、150万人近くが感染しています。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)