パンティットカントンメントサイトの軍隊は、コミュニティと平和に暮らすことに同意します

パンティットカントンメントサイトの軍隊は、コミュニティと平和に暮らすことに同意します

GomjuerWestの郡長であるPeterWek Bakは、パンティットに集まった軍隊に、地元の伝統的な指導者を尊重し、協力するよう促した。画像クレジット:Twitter(@APO_source)


アウェル近くのパンティットカントンメントサイトに滞在している南スーダン野党同盟と南スーダン人民防衛軍の軍隊は、周囲の民間コミュニティと互いに平和に暮らすことに合意した。

この地域の住民は、軍隊の存在について懸念を表明しており、少女への妊娠、姦淫、動物の失踪、ランダムな伐採、近くの茂みでの狩猟などの嫌がらせを非難している。



「兵士たちは常に私たちの女の子を結婚せずに妊娠させます。興味のある女の子を連れ去る前に、両親に相談することをお勧めします」と地元住民のサミュエル・クア・マクールは述べています。

GomjuerWestの郡長であるPeterWek Bakは、パンティットに集まった軍隊に、地元の伝統的な指導者を尊重し、協力するよう促した。


「私たちの木は私たちに知らせずに伐採されています。私たちの牛と山羊は[村の]中心部を通過すると姿を消します」と郡長は不満を述べました。

別の地元の声のアンジェリーナ・アコール・アリッヒは、無実の妻と娘が暴力とその多くの重大な結果の矢面に立たされている間、男性が国で紛争を引き起こしていることへの欲求不満を表明しました。彼女は根本的な解決策を提案した。


「私は南スーダンの私の仲間の女性に男性を統一してボイコットするように忠告したいと思います。男性が戦うのをやめるまで出産をやめなさい。信仰が運命づけられている子供を産むことはできません」と彼女は主張した。

これらの懸念は、南スーダンの国連ミッションが主催した民間人と軍隊の間の1日のワークショップで提起されました。集会は、2つのグループ間の緊張が高まっているという報告の中で行われました。


アコール氏は、議論の中で合意された決議を歓迎します。これからの平和共存と、まだ発生する可能性のある問題を解決するために毎週会合する政軍委員会の設立です。

会議に出席した軍隊の様々な代表者もまた、関係を改善する時が来たことに同意し、彼らの兵舎の周りにこのメッセージを広めることを約束した。

現在、政府と野党の兵士のための合同訓練センターであるパンティットカントンメントサイトは、1,800人以上の軍隊を受け入れています。 2018年9月に署名された活性化された平和協定に述べられているように、訓練されると、政府と野党軍は1つの統一された国軍になります。

(APOからの入力あり)