映画で:日本が再開するときの「ベン・ハー」と「オズの魔法使い」

映画で:

代表的な画像画像クレジット:Pixabay


1959年の叙事詩「ベン・ハー」の戦車と1939年のファンタジー「オズの魔法使い」の黄色いレンガの道が日本の大画面に戻ってきました。映画館はコロナウイルスの危機からハリウッドの古典に重きを置いて再開し始めています。

ジェームズ・ディーンのスターラー「エデンの東」(1955年)、犯罪ドラマ「ボニーとクライド」(1969年)、災害映画「タワーリング・インフェルノ」(1974年)などがあり、日本のチェーンの後、TOHOシネマズは66本のうち10本を再開しました。コロナウイルスから比較的安全であると思われる地域の劇場。映画スタジオも運営する東宝の部隊は、政府が非常事態を解除した日本の39都道府県で映画館を再開する準備をしている、と同社の関係者は火曜日に語った。



「私たちは準備をしている...彼らがいつ再開するかはまだ言えない」と当局者は言った。東京の映画館は閉鎖されたままです。

4月18日をもって全劇場を閉鎖したTOH​​Oシネマズでは、1席おきに空席を確保し、スタッフやお客様にマスクを着用させるなどの安全対策を実施しています。しかし、劇場を再開することは別の課題につながります。パンデミックのために映画スタジオが新しいリリースを遅らせた後、どの映画を上映するのでしょうか。


東宝の再開された劇場は主に古いハリウッド、最近の日本のヒット曲、そして閉鎖前に映画館にあったオスカー受賞の「パラサイト」のようなホールドオーバーのミックスを提供しますが、そのミックスは劇場によって異なります、とそのウェブサイトは示しました。火曜日に北日本の仙台映画館では、言及されたアメリカの古典、ネオノワールのSF古典「ブレードランナー」(1982)、刑務所ドラマ「ショーシャンクの空に」(1994)、「シン・ゴジラ」を含むいくつかの日本映画を上映していました'(2016)。

日本中部の静岡にあるサンストリート浜北劇場は、新海誠のアニメーション大ヒット作「君の名は。」(2016年)とその後の「天気の子」(2019年)の複数の上映が主役の地元映画に傾倒しました。しかし、サンストリート浜北はスティーブンスピルバーグのSFクラシック「E.T. 『エクストラテレストリアル』(1982年)、ロマンティックドラマ 『愛と青春の旅人』(1982年)、ミュージカル 『ウエストサイド物語』(1961年)。


ジョン・ウェイン主演の西部劇「リオ・ブラボー」(1959年)もいくつかの劇場で演奏していました。東宝の関係者は、上映中の映画のセレクションについて尋ねられ、「人気のある映画を上映している」と単純に言った。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)