ブランクチェックブームは、マイケルクラインが支援するSPACにIPOサイズを10億ドルに引き上げるよう促します

ブランクチェックブームは、マイケルクラインが支援するSPACにIPOサイズを10億ドルに引き上げるよう促します

代表的な画像。画像クレジット:ウィキペディア


ベテランのウォール街のディールメーカーであるマイケル・クラインが支援するブランクチェック会社は、新規株式公開の規模を3億ドルから10億ドルに引き上げ、投資家の関心が高まっていることを利用しようとしています。

Churchill Capital Corp VIIは、以前の計画であった3,000万台から、1億ドルの価格で1億台を販売することを検討していると述べた。 (https://bit.ly/3p01xFJ)特別目的買収会社(SPAC)としても知られるブランクチェック会社は、通常、IPOで資金を調達し、投資家に事前にどの特定の会社を購入するかを伝えずに買収を追求します。その後、この取引は民間企業を公開します。



クラインが支援するブランクチェック会社のいくつかは、すでに取引を成立させています。昨年、ヘルスケアサービスプロバイダーのMultiPlanは、チャーチルキャピタルの別の事業体と合併して公開する110億ドルの契約に署名しました。元シティグループの銀行家であるクラインの他に、チャマス・パリハピティヤ、アレック・ゴアズ、ビル・アックマンなどの他の著名な投資家は、SPACを通じて数十億ドルを調達しました。

シティグループ、JPモルガン、ゴールドマンサックス、BofA証券がこのオファリングの引受会社です。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)