カトリック当局は誘拐された9人のためにハイチでの活動を停止します

カトリック当局は誘拐された9人のためにハイチでの活動を停止します

代表的な画像。画像クレジット:Flickr


学校や大学を含むカトリック機関は、政府が統制に苦労している暴力の急増の中で、1週間以上前に誘拐された5人の司祭、2人の修道女、および2人の他の人々の釈放を要求する3日間の抗議でハイチ全域で水曜日に閉鎖した。

カトリック当局者はまた、ペシオンヴィルのサンピエール教会で正午に鐘を鳴らし、数百人が彼らの支持を示すために集まったときに、誘拐された人々(少なくとも2人はフランス人)のために祈るためにミサを組織しました。



「誰も安全ではない」と65歳のマーガレット・ジャン・ルイスは言った。 「誘拐された人々が無事にそれを解決することを望んでいます。」ポルトープランスの首都での司祭、尼僧、および司祭の1人の3人の親戚の4月11日の誘拐は最も衝撃的な最近の誘拐の1つです。国連によると、昨年、誘拐が200%増加したハイチで。

誘拐された人々は、修道女のアン・マリー・ドルセルスとアグネス・ボルドー、司祭のミシェル・ブリアン、イーヴンス・ジョセフ、ジャン・ニカイズ・ミリエン、ジョエル・トーマス、ヒューグ・バプティスト、そして別の司祭の3人の親戚であると特定されました。 Briandはフランス人として識別されました。


誘拐ギャングのリーダーであると主張した男性の月曜日に放送されたラジオインタビューによると、彼女が病気だったために親戚の一人が釈放された。

400マウォゾギャングのランモサンジュと名乗る男は、ラジオメガに、フランス国民は最も重要な人質の一人であると語った。ハイチは1804年にフランスからの独立を勝ち取りました。フランスは巨額の補償金の支払いを要求しました。


容疑者のギャングリーダーは、フランスからの賠償を望んでおり、誘拐した人々への食事をやめると述べた。彼は自分が求めていた身代金の額を言うことを断った。

閉鎖を組織した教会当局者は、ミサは水曜日と木曜日に開催され、金曜日にはハイチ中の教会の鐘が犠牲者のために鳴るだろうと言った。


「私たちハイチのカトリック司教たちは、盗賊の手にある兄弟姉妹の状況に変化がないことを非常に悲しんで見ています」とカトリック司教会議は火曜日の声明で述べました。 「誘拐犯の手に渡る10日は長すぎる」誘拐された司祭の1人は、1985年からハイチで宣教師として働いていて、数年前に暴行を受けて射殺されました。サンジャックの司祭協会は先週発表されたインタビューでパリを拠点とするFranceinfoに語った。

彼は、教会当局は誘拐犯と可能な限り連絡を取り合うように努めており、誘拐された人々の一部が病気であるために心配しているが、任務をキャンセルすることは予見していないと述べた。いいえ、私たちが人間であるためにとにかく恐れているとしても、状況はありません。」

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)