中央政府は45歳以上のすべての従業員に予防接種を受けるように求めています

中央政府は45歳以上のすべての従業員に予防接種を受けるように求めています

政府は状況を非常に注意深く監視しており、COV1D-19の蔓延を抑えるためにワクチン接種グループに優先順位を付けるために採用された戦略に基づいて、現在、45歳以上のすべての人がワクチン接種演習に参加できます。画像クレジット:ANI


中央政府は、45歳以上のすべての従業員に、COVID-19の蔓延を効果的に封じ込めるためにワクチン接種を受けるよう要請しました。本日、人事・公的苦情・年金省が出した命令に従い、ワクチン接種後も、頻繁な手洗いと消毒、マスクまたはフェイスカバーの着用、社会的距離の観察など、COVIDに適切な行動を継続することをお勧めします。等

政府は状況を非常に注意深く監視しており、COV1D-19の蔓延を抑えるためにワクチン接種グループに優先順位を付けるために採用された戦略に基づいて、現在、45歳以上のすべての人がワクチン接種演習に参加できます。



命令はさらに、人事・公的苦情・年金省がCOVID-19の蔓延を封じ込めるための予防措置に関して時々指示を出していると述べています。

(PIBからの入力あり)