ミャンマーからの中国の金属輸入は、クーデター後の抗議の中で貿易のゆがみを示している

中国

代表的な画像画像クレジット:Pixabay


中国の貿易データは、2月のクーデター後の不安の中で、3月に金属の出荷を維持する隣国ミャンマーの能力の混合スナップショットを示しました。中国企業がミャンマーの金属採掘に直接関与しているため、東南アジアの国からのステンレス鋼原料NPIの先月の輸入はわずか298トンでした、と中国の税関のデータは火曜日に示しました。これは2月から90%の落ち込みで、前年比で94%減少し、2019年4月以来の最低月間合計を記録しました。

一方、中国のミャンマーからの精製銅の輸入は3月に11,001トンで、2月から120%増加し、前年比で37.6%増加した。 China Nonferrous Metal MiningGroupとTaiyuanIron&Steel(Tisco)は、ミャンマー北部のサガイン地域でタガンタウンニッケル鉱山を開発しており、年間NPI生産能力は85,000トンです。彼らのCNMCニッケル合弁事業への電話は答えられなかった。



一方、ミャンマーの2つの銅プロジェクトは、中国の国営のWanbaoMiningと軍事コングロマリットのMyanmarEconomic Holdings Ltdによって運営されています。鉱山の1つ、Letpadaungは、「最近の混乱のために」生産を停止しました。 。これは、S&Kとして知られる他の銅鉱山の本拠地でもあるモンユワの鉱山労働者がストライキを行った後に起こりました。

この問題を知っている2つの情報筋によると、ワンバオは採掘現場の近くに保管されている在庫の販売を開始したという。わんばおはコメントの要請にすぐには応じなかった。一方、精製スズの製造に使用されていたスズ精鉱の輸入も、3月には前月比120%、前年比34.2%増の18,163トンとなり、中国の主要サプライヤーであるミャンマーからの出荷が途絶える恐れが緩和された。 。


希土類酸化物の輸入は、前月比55.7%増の2,414トンでしたが、前年同月比で約3%減少しました。環球時報は先月、中国の重希土類原料の約半分を供給しているミャンマーからの出荷が物流問題の影響を受けていると述べたが、アナリストはロイターにそうではないと語った。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)