コヒーレントは、II-VIの62億ドルの入札がLumentumのオファーよりも優れていると見なしています

コヒーレントは、II-VIがLumentumのオファーよりも62億ドルの入札を上回っていると見なします

代表的な画像画像クレジット:Pixabay


レーザーメーカーのコヒーレントは月曜日、光学部品メーカーのツーシックスの修正された買収提案がルメンタムホールディングスの提案よりも62億ドル高いと判断し、入札戦争の終結の可能性を示唆していると語った。 II-VIのオファーの改訂された条件の下で、コヒーレントの株主は、取引の完了時に、170ドルのより高い現金要素と1株あたりのII-VI普通株式1.0981株を受け取ります。

II-VIは、2月に現金と株式の取引で64億ドルを支払うことを申し出ましたが、現金の構成要素は少なくなっています。コヒーレントはまた、3月11日までにルメンタムから改訂された提案を受け取らなかった場合、ルメンタムとの合併契約を終了する予定であると述べた。



コヒーレントは以前、1月にルメンタムとの57億ドルの取引に合意し、数週間後にMKSインスツルメンツから60億ドルのライバルオファーを受け取りました。 Lumentumの提案の条件では、Coherent普通株式1株は現金175ドルとLumentum普通株式1.0109株に交換されますが、取引が成立しなかった場合の終了手数料も高くなります。

Bank ofAmericaとCreditSuisseがCoherentのファイナンシャルアドバイザーを務め、Skadden、Arps、Slate、Meagher&FlomLLPが法律顧問を務めています。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)