コロンビアの石油労働者が水圧破砕防止キャンペーンに参加

コロンビアの石油労働者が水圧破砕防止キャンペーンに参加

コロンビア最大の石油組合は、非従来型のエネルギー鉱床の開発に反対し、再生可能エネルギーへのより迅速な移行を要求するために、水圧破砕活動家に加わった、とキャンペーン参加者は火曜日に語った。


石油産業労働組合(USO)と水圧破砕アライアンスのないコロンビアは共同声明で、マグダレナメディオ地域と国全体を非従来型の探査から保護するために力を合わせていると述べた。コロンビア人は、シェールガスや炭層メタンの水圧破砕を含む、非在来型の鉱床の開発について意見が分かれています。

鉱床の商業開発は現在許可されていませんが、国の最高行政裁判所は最終判決に先立って公聴会を開催しており、その間にパイロットプロジェクトを進めることを許可しています。 「(USO)は、この種の搾取に反対するために国内のさまざまな社会的および政治的組織と力を合わせており、加速されたエネルギー転換を提唱している」と組合会長のエドウィン・パルマはツイッターの投稿で述べた。



他の約120の組織が水圧破砕防止同盟の一部を形成しています。 USOには約30,000人のメンバーがいます。水圧破砕防止グループは国際的で、よく組織されており、非在来型ガスの開発から逃れる立場にある人々によって十分な資金が提供されている、とコロンビアの国立炭化水素機関のアルマンド・サモラ大統領は火曜日の仮想セミナーで述べた。証拠を提供する。

水圧破砕防止の取り組みは、「(水圧破砕)が適さない国々から来ている」とサモラ氏は付け加え、ロシアを水圧破砕の成功から利益を得ない国として特定した。代理店は、サモラのコメントに関する詳細情報の要求にすぐには応答しませんでした。


主張は「虚偽」である、とコロンビアの水圧破砕同盟からの解放は言った。同グループはメッセージの中で、「(ザモラ)が(コロンビア)での水圧破砕反対派のロシアによる想定される資金調達に関する証拠を公表するか、彼のコメントを撤回することを要求する」と述べた。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)