戦闘COVID-19:ライプルは4月26日まで封じ込めゾーンのまま

戦闘COVID-19:ライプルは4月26日まで封じ込めゾーンのまま

代表的な画像。画像クレジット:ANI


州でのCOVID-19症例の急増を受けて、チャッティースガル州政府は土曜日にライプル地区を4月26日の午前6時まで封じ込めゾーンと宣言しました。 4月9日の午後6時から4月19日の午前6時まで。

この期間中、地区のすべての国境は封鎖されたままになると政府当局者は述べた。州政府の命令により、医療店、病院、診療所、獣医クリニックは、そのタイミングに従って運営することが許可されます。ただし、すべてのワインショップ、プライベートオフィス、銀行は閉鎖されたままになります。すべての宗教、文化、観光スポットも閉鎖されたままになります。

ガソリン/ディーゼルポンプとLPGシリンダー出口は封鎖から免除されました。 4月13日、ドゥルグ地区の封鎖も4月19日まで5日間延長された。

チャッティースガル州は現在、インドでCOVID-19感染の影響を最も受けている州の1つです。保健省によると、州には現在1,24,303の活動的な症例があり、3,86,529のウイルス感染が治癒した。チャッティースガル州でも5,580人がウイルス感染により死亡しました。 (ANI)


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)