COVID-19:4月19日から州全体のスポーツホステルを閉鎖するOdisha

COVID-19:4月19日から州全体のスポーツホステルを閉鎖するOdisha

代表的な画像。画像クレジット:ANI


州全体でCOVID-19の症例が増加していることを受けて、オリッサ州政府のスポーツ青少年サービス局は、4月19日から次の注文まで、オリッサ州全体のスポーツホステルを閉鎖します。オリッサ州政府が発表した発表によると、担当のスポーツホステルは、親密な親、特に低年齢の寄宿生がホステルから病棟を奪うことを委託されています。

「寄宿生の旅行に問題が生じた場合、彼らは安全な帰国も容易にします。閉鎖期間中、担当のスポーツホステルはそれぞれのホステルに立ち会い、この期間を利用してスポーツ特有のワークショップやコーチ育成プログラムを企画、実施する」と政府は述べた。この問題について、オリッサ州のスポーツ青少年サービス大臣、Tusharkanti Beheraは、次のように述べています。



'スポーツホステルの担当者は、それぞれの寄宿生と常に連絡を取り、仮想モジュールを通じて彼らの開発を支援し、ホステルから離れている場合でも、COVID-19ガイドラインを順守する必要性を強制し続けます。状況が緩和されれば、彼らはかなり前もって親密になり、私たちは彼らが家から離れたスポーツホステルに戻るのを容易にします」とベヘラは言いました。州の健康速報によると、オリッサ州は過去24時間で3,108件の新しいCOVID-19症例、837件の回復、3人の死亡を報告しました。

これにより、総症例数は3,61,450件に達しました。木曜日までに州内で16,889人の活動的な症例があり、合計3,42,570人がこの病気から回復しました。 (ANI)


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)