COVID-19:TNCM救済基金は36.34ルピーを獲得

COVID-19:TNCM救済基金は36.34ルピーを獲得

いくつかの多国籍企業、個人、著名人が、タミルナードゥ州政府が州内でのコロナウイルスの蔓延を抑制するための戦いを支援するために、首相の公的救済基金に合計36.34ルピーの寄付をしました。 Kパラニスワミ首相がウイルスの蔓延を阻止し、他のいくつかの関連作業を支援するために政府を支援するための寄付を求めて訴えた数日後、政府は5億ルピーから10万ルピーの寄付を受け取ったと述べた。


「HCL(テクノロジーズ)は、37.5ルピー相当の500台の人工呼吸器を政府に提供するために前進しました」とここでの公式リリースは述べています。 TVSMotorsやShaktiMasalaなどの企業がそれぞれ5億ルピーを寄付し、タミルナードゥ州知事室とDMKトラストがそれぞれ1億ルピーを寄付したという。

Kanchi KamakotiMathと元連邦閣僚MK Alagiriは、それぞれ10ルピーで売り込んだ人々の1人でした。パラニスワミは3月27日に控訴した。



3月31日の時点で、36.34ルピーが完全に受け取られたと政府は述べた。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)