10月1日からの「オープンセル」の関税、国内テレビ業界の製造能力が必要

関税

代表的な画像。 。画像クレジット:ANI


Shailesh Yadav著2020年10月1日から、テレビ製造の主要コンポーネントであるOpen Cellに5%の関税が適用されます。これは、OpenCellに1年間の関税免除が終了するためです。 9月30日。

財務省筋によると、この免除は、オープンセルの国内生産能力を構築する時間を求めていたため、1年前に業界に与えられた。 。この動きは、テレビ業界を松葉杖歩行から脱却させるためのテレビとそのコンポーネントの段階的製造計画(PMP)の基本であると、政府筋は述べています。名前を付けたくない人。 'そのような輸入関税のsopはどのくらい続くことができますか?テレビ業界は、段階的製造の基本的な信条をよく知っています。このsopは、業界がインドで重要なコンポーネントを製造する能力を構築することを見越して、1年間の限られた期間提供されました。インドがAtmanirbharであるためには、当社の製造業者は単に輸入部品の組み立て業者であり続けることはできません。インドの製造業は、輸入の支援で永遠に生き残ることはできません」と情報筋は付け加えました。



この問題を知っている別の情報筋によると、昨年まで7000ルピー相当のテレビが輸入されていたという。政府は関税構造を通じてテレビ業界を支援してきました。 2017年12月以降、テレビの輸入には20%の関税が課されています。この高い保護は、すべての国内テレビメーカーに利益をもたらしました。テレビの輸入も、今年の7月末から制限付きカテゴリーに入れられました。したがって、テレビメーカーは輸入からの完全な合理的な保護を享受しています。テレビメーカーは、Open Cellの製造能力がまだインドにないため、5%の関税を負担する必要があり、関税が課せられたとしてもOpenCellを輸入し続ける必要があると尋ねられたとき。情報筋によると、業界は、「新たに課された制限により、テレビの輸入が制限されている。この市場は現在、国内メーカーが利用できるようになります。これが国内メーカーが値上げに訴えようとしている理由のようだ。オープンセルへの関税の再導入は言い訳に過ぎないようです。

完全に構築されたパネルの価格が50%上昇し、オープンセルの関税が5%になると、テレビの価格が約4上昇するため、プレッシャーにさらされているというテレビ業界の議論に直面した場合。テレビの主要コンポーネントであるため、価格は32インチテレビの場合は最低600ルピー、42インチテレビの場合は最低1,200〜1,500ルピー、さらに大画面の場合はさらに高くなる可能性があります。テレビ、政府筋は、これらの主要ブランドが32インチで2,700ルピー、42インチテレビで4,000ルピーから4,500ルピーの基本価格でオープンセルを輸入しているという事実を述べて、それを「誤解を招き誇張した」として拒否しました。したがって、オープンセルに対する5%の関税の影響は、テレビの場合150〜250ルピーを超えることはありません。オープンセルに5%の限界義務を課す理由を説明し、政府筋は、重要な品目はインドで製造を開始すると述べた。 「オープンセルが国内で製造されない限り、テレビの実際の製造業の成長は起こり得ません。業界が行っている現在の活動は、ほとんどの部品を輸入した後のテレビの組み立てだけです。テレビの組み立てが重要な付加価値を伴わない限り、これは長く続くことはできません。国内市場における付加価値の深化は段階的に行われなければならない。


「テレビメーカーは、年間7,500ルピー相当の部品を輸入しています。この数字は、完全に作られたテレビの輸入が抑制されるにつれてさらに大きくなるでしょう。オープンセルのような部品が徐々にインドで作られることは国の利益になるでしょう。インドでのオープンセルの能力開発は、巨大な市場である携帯電話用のパネルの製造にも役立つだろう」と同じ情報筋は付け加えた。 PMPの最初のフェーズは、製品の組み立てを行うことであることに注意してください。この段階では、製品の部品は低価格またはゼロレートに保たれているため、コストは低く抑えられ、インドでの製品の組み立てのために譲許的な関税率で輸入することができます。しかし、業界が永遠に継続することを望んでいたとしても、この段階は非常に長く続くことはできません。

製造の第2段階は、特定の部品をインドで製造することです。この段階では、そのような部品に関税が課せられます。この段階的な製造戦略は、ほとんどの電子製品に適用されています。たとえば、携帯電話の段階的な製造計画は、4つの段階で実施されました。この問題と業界を知っている情報筋は、政府のこの明確なビジョンがあっても、テレビメーカーは完全に作られたテレビでより高い保護を求めながら部品の国内生産能力を構築することに消極的であると述べました。政府は以前、2018年3月にオープンセルに5%の関税を課していました。しかし、国内のテレビ業界の要請により、昨年は1年間の限られた期間で撤回されました。国内産業は、部品の国内能力を構築するという政府のこの呼びかけに応じなかった。


財務省筋によると、完成品の輸入が制限されているため、このような関税構造(部品に対する関税は0%)は、国内ユニットの急落の増加につながります。しかし、オープンセルのような部品の継続的な輸入は国の利益にはなりません。関税の賦課は、インドのオープンセルのような重要な部品の国内製造を奨励するものです。これは実際の段階的な製造であり、インド政府のAtmanirbharBharatの方針に沿ったものになるでしょう。 (ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)