チェコの億万長者ケルナーがアラスカのスキー旅行でヘリコプターの墜落事故で死亡

チェコの億万長者ケルナーがアラスカのスキー旅行でヘリコプターの墜落事故で死亡

代表的な画像画像クレジット:ANI


米国の安全検査官は月曜日、週末のスキー旅行中に、アラスカで山腹のヘリコプターが墜落し、チェコ共和国で最も裕福な男で投資グループPPFの創設者である億万長者のペトルケルナーを殺害した原因の手がかりを探しました。ケルナー(56歳)は、アラスカ最大の都市アンカレッジの北東約40マイル(64 km)にあるクニック氷河近くのチュガッチ山地の雪に覆われた斜面にヘリコプターが激突した土曜日に死亡したパイロットを含む5人の中にいました。当局者は言った。

チェコ共和国の居住者であるDavidHorvath(48歳)は、墜落を生き延びました。アラスカ州警察によると、彼はアンカレッジ地域の病院で深刻であるが安定した状態を保っていた。もう一人のチェコ国民、ベンジャミン・ラロチャイ、50歳は死者の中にいました。州警察​​によると、世間の注目を避けたものの、スノーボードに関するPPFの年次報告書に写っているケルナーは、事故前にヘリスキーツアーに出かけたグループの一員でした。



墜落の犠牲者が滞在していた排他的なトルドリロマウンテンロッジのスポークスマンは、ケルナーは2012年以来頻繁にゲストであったと述べた。しばらくして。犠牲者の遺体は日曜日に回収されました。

国家運輸安全委員会(NTSB)のチームは、ヘリコプターであるエアバスAS350B3が、稜線の下約15フィート(4.5メートル)で墜落し、静止する前に斜面を900フィート(274メートル)滑り落ちたことを発見しました。 。墜落現場からの写真、標高約5,500フィート(1,676メートル)は、航空機がほとんど無傷であることを示していました。 NTSBのメンバーであるトムチャップマンは月曜日にワシントンで行われたブリーフィングで、捜査官はまだ生存者にインタビューしていないと語った。


「この地域は、地形と気象条件の両方の点で非常に険しいです」とチャップマンは言いました。すべてのNTSB調査と同様に、機関の検査官は、耐空性、人間のパフォーマンス、天候、運用など、墜落の原因となった可能性のあるさまざまな要因を調査するとワイス氏は述べた。

ケルナーはチェコ共和国のポスト共産主義時代にそびえ立つ人物であり、フォーブスによれば175億ドルと推定される富を蓄積しました。彼は、メディアの巨人ルパート・マードックと彼の家族と結びついて、フォーブスの2020年のリストで世界で68番目に裕福な人物としてランク付けされました。声明の中でPPFは、創設者と98.9%の株主の死に「最も深い悲しみ」を表明した。


同社は、0.5%強の株式を所有する30年のPPFベテランであるLadislavBartonicekが管理業務を引き継ぐと述べた。 PPFの3番目の株主であるJean-PascalDuvieusartも0.5%強であり、同社は引き続きKellnerのビジョンを構築し維持すると述べました。

「ペトルは、エネルギーの面で、創造性の面で、新しいものを構築する意欲の面で本当に並外れた人物でした」とデュヴューサートは電話インタビューで語った。ケルナーは彼の妻レナータと4人の子供たちによって生き残っています。


彼は1989年のビロード革命に続いて国が開かれたときにコピー機の販売を開始しました。彼は国の民営化プログラムのパートナーとPPFを設立しました。金融、電気通信、製造、メディア、バイオテクノロジーを保有するPPFは、2020年半ばに440億ユーロ(518億ドル)の資産を報告しました。

PPFは、O2 Czech Republic、Telenor CEE、CETINなどの中央および東ヨーロッパの通信会社を管理しています。その最大の会社は、ロシア、中国、インドなどの市場で活躍している消費者向け貸し手ホームクレジットです。

ホームクレジットは中国市場への早期参入者であり、2010年に最初の完全外資系企業として中国市場への融資を開始しました。そこでの事業はチェコの指導者によって支持されました。最初のポスト共産主義のリーダー、ヴァーツラフ・ハヴェル。

ミロシュ・ゼマン大統領は中国との温かい関係を模索し、2014年にケルナーを中国の習近平国家主席と会談させました。


「彼のライフストーリーは、経済変革によって若者に提供された機会を利用した例でした」とクラウスは言いました。ケルナーは最近、PPFがMONETA Money Bankの株式を取得し、AirBankおよびHomeCreditの一部と統合することを提案して、国内市場に焦点を合わせていました。月曜日のMONETA株は1.7%下落した。

昨年、PPFは、テレビ局のグループであるCentral European MediaEnterprisesのTimeWarnerからの買収を完了しました。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)