ファクトチェック:中国は、発生を止めるためにコロナウイルス患者を殺す承認を求めていますか?

ファクトチェック:中国は、発生を止めるためにコロナウイルス患者を殺す承認を求めていますか?

ある記事は最近、中国が致命的なウイルスの拡散を制御するためにコロナウイルス患者を殺害するための「最高レベルの裁判所」からの承認を求めていると主張した。記事はまた、裁判所が政府に承認を与えることが「期待されている」と主張した。


幸運なことに、記事は偽物です「AB-TC」と「CityNews」というウェブサイトには、フェイクニュースを発行した歴史があります。最後に、Everysecondcounts-themovieは、信頼できる報道機関によって提出されたそのようなレポートを見つけることができませんでした。



ごく最近、同じウェブサイトは、5人のシンガポール人が中国に行かずに武漢コロナウイルスに感染したと報告しました。その報告も虚偽であることが判明し、シンガポール政府はウェブサイトによって広められている虚偽を非難する声明を発表しました。

シンガポール政府の声明:


'シンガポールの武漢ウイルスの状況に関するウェブ記事に虚偽の陳述が含まれていました。

虚偽


2020年1月30日、「City News」というウェブサイトが、「BREAKING NEWS:シンガポールはさらに6件のコロナウイルス事件を記録し、現在は合計16件」というタイトルの記事を公開しました(https://ab-tc.com/singapore-coronavirus-cases/) 5人のシンガポール人が中国に行かずに武漢コロナウイルスに感染したと主張している。

2020年1月30日の午後9時現在、シンガポールでは武漢ウイルスの局所感染はありません。これまでにシンガポールで確認されたすべての症例は、武漢から旅行した中国人です。


追加の説明

根拠のない噂を推測したり広めたりしないように、一般の人々にアドバイスします。武漢ウイルスの状況に関する最新情報については、www.moh.gov.sgをご覧ください。'

より厳格な法律

新しいコロナウイルスに関する誤った情報と偽のニュースに憤慨しているアジア諸国は、誤った情報を広めようとしているいたずらなソーシャルメディアの投稿やブログに対する監視を強化しています。


読者は、そのような偽のニュースを宣伝したり、未確認の情報を共有したりしないことをお勧めします。

マレーシア、インド、タイ、インドネシア、香港でコロナウイルスの投稿で少なくとも16人が逮捕され、シンガポールは新しい「フェイクニュース」法であるPOFMAを使用して、「AB-TCシティニュース」やソーシャルメディアユーザーは、自分の投稿や記事に虚偽が含まれているという政府の警告を掲載します。