2020年4月から9月にかけて、FDIの資本流入は15%増加して300億米ドルになります。

2020年4月から9月にかけて、FDIの資本流入は15%増加して300億米ドルになります。

代表的な画像。画像クレジット:ANI


商務省によると、7月から9月の四半期のFDI流入は281億米ドルで、2020-21年上半期のFDIエクイティ流入は、米ドルベースで15%、ルピーベースで23%の成長を示しています。土曜日に言った。同省は発表の中で、2020年8月は国内で17,487百万米ドルのFDI株式流入が報告された重要な月であると述べた。

2020-21会計年度の第2四半期(2020年7月から2020年9月)のインドへの外国直接投資(FDI)の総流入額は28,102百万米ドルであり、そのうちFDIの株式流入額は23,441百万米ドルまたはルピーでした。 174,793クローレ。これにより、2020年9月までのこの会計年度中のFDIエクイティの流入は、2019-20年の対応する期間よりも15%多い30,004百万米ドルになります。ルピーで言えば、224,613ルピーのFDIエクイティ流入は、昨年より23パーセント多い」とリリースは述べた。 2000年4月から2020年9月の間にFDIエクイティの流入がインドに報告された国に関しては、最大の流入がモーリシャスから報告されており、シンガポールと米国がそれに続いていると述べた。



セクターの中で、サービスセクターは2000年4月から2020年9月の間に最大のFDIエクイティ流入を受け取り、続いてコンピュータソフトウェアとハ​​ードウェアおよび電気通信を受け取りました。このリリースによると、グジャラート州は2019年10月から2020年9月までのFDIエクイティ流入の主な受益国であり、マハラシュトラ州とカルナータカ州がそれに続いています。 (ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)