世界市場-ウォール街は金曜日の雇用の波に乗り、債券はFRBをめぐる

世界市場-ウォール街は金曜日に乗ります

代表的な画像画像クレジット:パブリックドメインの写真


連邦準備制度理事会が予想よりも早く金利を引き上げ始める可能性があるという懸念に債券を押し付けながら、爆発的な経済データが投資家のリスク食欲を高めたため、米国株式は月曜日に過去最高のコースを設定しました。

金曜日の給与データは、3月に916,000人の雇用が追加され、ワクチンの導入と刺激によって失業率が6%に低下したことを示しており、数十年で最も強い年間経済パフォーマンスの始まりを示しています。経済復興のさらなる証拠は、過去最高を記録したサプライマネジメント協会の非製造業PMIレポートによって提供されました。



ニューヨークのインバネスカウンセルのチーフ投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は、「金曜日の雇用数と今日の非製造ISMデータは、経済力の高まりを示しており、FRBが金利を引き下げたり引き上げたりしなければならないことへの懸念を引き起こしている」と述べた。ダウ工業株30種平均は384.05ポイント(1.16%)上昇して33,537.26になり、S&P 500は53.2ポイント(1.32%)上昇して4,073.07になり、ナスダック総合指数は176.06ポイント(1.31%)上昇して13,656.17になりました。

復活祭の月曜日を守るためにヨーロッパとオーストラリアの株式市場は閉鎖されたが、中国の株式市場は墓掃除の日を守るために暗かった。 MSCIの世界中の株式のゲージは0.90%上昇しました。


新興市場の株式は0.02%上昇しました。 MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も広い指数は0.01%下落しましたが、日本の日経は0.79%上昇しました。金曜日の大ヒット非農業部門雇用者数の報告を受けて、米国経済の見通しについて引き続き楽観視されていることから、米国債の利回りは不安定な取引でほとんど高かった。

ベンチマークの10年債は、金曜日の1.72%から1.727%に値下がりし、価格は1/32下落しました。 30年債の価格は金曜日の2.37%から2.387%に14/32下落しました。


米国株が反発し、投資家が方向性を推進する次の触媒を待つ中、ドルは通貨バスケットに対して1週間の安値まで下落した。ドル指数は0.45%下落し、ユーロは0.35%上昇して1.1803ドルになりました。

日本円は1ドルあたり110.10のグリーンバックに対して0.58%上昇しましたが、スターリングは当日0.48%上昇して1.3896ドルで最後に取引されました。 OPEC +の供給の増加とイランの生産量の増加が、景気回復による需要の回復への期待を相殺したため、石油価格は下落しました。


米国の原油は3.04%下落して1バレルあたり59.58ドルになり、ブレントは最後に63.07ドルで、当日は2.76%下落しました。世界的な株価の上昇により安全な金属の光沢が薄暗くなったため、金価格は下落しました。

0.2スポットの金は%下落して1オンス$ 1,728.57になりました。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)