世界市場-世界の株式は新高値の後に下落し、ドルは下落

世界市場-世界の株式は新高値の後に下落し、ドルは下落

代表的な画像画像クレジット:ANI


主要な世界の株価指数は、コロナウイルスのパンデミックからの力強い回復を期待する利益を落とす前に水曜日に新しいピークを拡大しましたが、財務省の利回りが最近の高値を下回ったため、ドルは3週間の安値に下落しました。

ウォール街では高値の成長株が減少し、ベンチマークのS&P 500とナスダックが下落しましたが、低価格の株価が上昇し、ダウは新記録を更新しました。米国の輸入価格は3月に予想以上に上昇しました。これは、石油製品のコスト上昇と、経済が再開するにつれてインフレが上昇していることを示す最新のデータのサプライチェーンの逼迫によるものです。



米国の消費者物価指数が3月に基礎となるインフレが急上昇したものの、一部の人が恐れていたように急上昇せず、リスク資産が上昇したことを示した火曜日に下落した後、米国債の利回りは輸入データの初期の取引で上昇しました。ボストンのNatixisAdvisorsのポートフォリオストラテジストであるジャックジャナシエヴィッチ氏は、JPモルガンチェースアンドカンパニーとゴールドマンサックスグループインクの結果も、高い現金準備と強いローン需要の欠如がインフレを促進せず、株式にさらなる実行の余地を与えることを示唆している。

「そのお金の企業での使用は何ですか?まあ、それはローン需要です。私たちは単にそれを見ていません」とJanasiewiczは言いました。 「あなたがそのインフレキャンプに参加するつもりなら、あなたは人々がお金を使っているのを見たいと思っています、そして私たちは確かに今それを見ていません。」高い社債発行と緩和的な政府の政策は、リスク資産に資金を押し込み、価格を引き上げると彼は述べた。 S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによると、米国企業はパンデミック前よりも多くの現金を手元に持っています。


ヨーロッパでは、ドイツのソフトウェア会社SAPとフランスの高級品メーカーLVMHからの明るい収益により、汎地域のSTOXX600指数は先週の過去最高をわずかに下回る水準まで上昇しました。 MSCIの世界中の株価のゲージは、新しいピークに達した後、0.02%減少し、ベンチマークのS&P 500は後退する前に、0.41%下落しました。ハイテクを多用するナスダック総合指数は0.99%低下し、ダウ工業株30種平均は0.16%上昇しました。

ラッセル1000バリュー指数は、ラッセル1000成長指数が1.1%低下したため、0.3%上昇しました。これは、MSCIベンチマークに大きな重みを置いた大手テクノロジー企業が主導したものです。 「それは周期的な日です。そこに強みがあります。インバネスカウンセルのチーフ投資ストラテジスト、ティム・グリスキーは、次のように述べています。


ドイツのDAX指数は0.2%下落しました。経済機関は、予想よりも長いCOVID-19の封鎖により、ヨーロッパ最大の経済の共同2021年成長予測を4.7%から3.7%に引き下げると情報筋は述べた。香港のハンセン指数を中心に、一晩でほとんどのアジア太平洋株指数も上昇しました。コロナウイルスの増加により、東京がオリンピックを開催するまであと100日で日本の経済回復に疑問が生じたため、日経は0.4%下落しました。

ニュージーランドの中央銀行が予想通り公式の金利と資産購入プログラムを安定させた後、ニュージーランドドルは3週間の最高値である0.7122ドルに上昇しました。ビットコインは、ナスダックに暗号通貨プラットフォームCoinbase Global Incが上場する前に、過去最高の64,895ドルに達しました。 Coinbaseはナスダックデビューで約1,000億ドルと評価され、ビットコインやその他のデジタル資産の開発における新たなマイルストーンをマークしました。


米連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、ワシントン経済クラブでの発言で、中央銀行が2022年末までに金利を引き上げる可能性は非常に低いと述べた。連邦準備制度理事会は、COVID-19のワクチン接種の増加と強力な財政支援により、旅行やその他の項目により多くを費やしたと、経済に関する最新の「ベージュブック」コレクションで述べています。

ベンチマーク10年債は1.3ベーシスポイント上昇し、1.6359%の利回りとなりました。今週の強力なオークション結果の相次ぐことも、利回りを抑えるのに役立ちました。今年後半の力強い景気回復とインフレの上昇を期待して米国債の利回りに沿って上昇していたユーロ圏の債券利回りは、水曜日に1〜3ベーシスポイント低下した。

ドル指数は0.162%下落し、ユーロは0.27%上昇して1.1978ドルでした。日本円は1ドルあたり108.90のグリーンバックに対して0.15%上昇した。国際エネルギー機関からの報告とそれに続く米国の在庫データが需要の回復について楽観的な見方を強めた後、石油価格はほぼ5%急騰しました。

米国の原油先物は2.97ドル上昇して1バレル63.15ドルで決済され、ブレント原油先物は2.91ドル上昇して1バレル66.58ドルで決済されました。米国の金先物は0.6%下落し、1オンス1,736.30ドルで取引されました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)