Hunar Haat:博士Jitendra SinghがJ&KとNEの職人によって建てられた屋台を訪問

Hunar Haat:博士Jitendra SinghがJ&KとNEの職人によって建てられた屋台を訪問

後にメディア関係者と話したジテンドラ・シン博士は、「Hunar Haat」は、料理から衣服まで、インドのあらゆる場所の感触を体験するユニークな機会を提供したと述べました。画像クレジット:Twitter(@naqvimukhtar)


ジテンドラ・シン博士は本日、北東地域開発省(DoNER)、MoS PMO、人事、公的苦情、年金、原子力および宇宙の連邦大臣(独立担当)が主催する1週間にわたるフェスティバル「HunarHaat」を訪問しました。ここRajpathのマイノリティ省。訪問中、彼は立ち止まって、ジャンムー・カシミール州と北東部の職人によって設置された屋台やカウンターで時間を過ごすことにしました。

ジテンドラ・シン博士が1時間半以上訪問したとき、彼はさまざまなカウンターや屋台に行きましたが、特にジャンムー・カシミール州やさまざまな北東部の州からの参加者が立てた各屋台を訪れました。彼のやりとりの間に、彼はさまざまなアイテムに対するクライアントと顧客の好みと達成された販売の範囲について鋭く尋ねているのが見られました。



ジャンムー・カシミール州のカーペットやショールを展示するために設置された屋台を通り抜ける間、ジテンドラ・シン博士はまた、販売を促進し、インセンティブを提供するために主催者にいくつかの提案をしました。同様に、彼はまた、マニプールやアッサムなどの北東部の州によって設置された屋台に立ち寄り、訪問者が求めている好ましいアイテムについて尋ねました。

竹の品物や記事を展示している竹の屋台で、ジテンドラ・シン博士がグワハティ近くの杖と竹の技術センター(CBTC)に関する情報を共有しているのが見られ、付加価値の手がかりを得るために職人をセンターに招待しました。革新、そして創造。


食品部門では、Jitendra Singh博士がさまざまな料理を体験しました。たとえば、カシミールワズワン、ラクナビタンダイ、デリーチャート、ケララマラバル料理、ラジャスタンロティ、タミルナードゥバダなどです。彼はまた彼に提供されたラクナビビリヤニを味わうことに同意した。

ジテンドラ・シン博士はまた、ウッタル・プラデーシュ州の「ガラナ」職人による手工芸品の屋台への関心を示し、ラクナビ、マニプリ、カシミールの職人技を混ぜ合わせることで融合製品を作ることができる最善の方法を尋ねました。


後にメディア関係者と話したジテンドラ・シン博士は、「Hunar Haat」は、料理から衣服まで、インドのあらゆる場所の感触を体験するユニークな機会を提供したと述べました。これはまた、若い起業家や志願者に、生計と結びついた創造性の新しい手段を実験して探求する機会を提供すると彼は言いました。

彼は、マイノリティ省、特にシュリ・ムクタール・アッバース・ナクヴィ大臣がこのイニシアチブをとったことを祝福しました。


(PIBからの入力あり)