IAEAは、イランがウラン濃縮を60%の純度まで開始したことを確認

IAEAは、イランがウラン濃縮を60%の純度まで開始したことを確認

代表的な画像画像クレジット:ウィキペディア


イランは土曜日に、ナタンツの地上の原子力発電所でウランを核分裂性物質の純度60%まで濃縮するプロセスを開始したと述べ、イラン当局による以前の声明を確認した。この動きは、兵器級のウラン生産に向けた大きな一歩であるため、大国とのイランの核合意を復活させることを目的とした複雑な交渉を行っています。

イランは以前は20%の純度にしか達していないが、それはすでに契約違反であり、イランは3.67%までしか濃縮できないと述べている。イランは、ナタンツにあるより大きな地下の燃料濃縮プラントの機器を損傷した爆発に対応して、最大60%のステップを踏み出しました。テヘランはイスラエルを非難し、爆風に関連して欲しかった男を指名した。



国際原子力機関は声明のなかで、「イランが(地上の)ナタンツパイロット燃料濃縮プラントで最大60%濃縮されたUF6の生産を開始したことを本日確認した」と述べた。 UF6は六フッ化ウランであり、濃縮のためにウランを遠心分離機に供給する形態です。

ロイターが見た加盟国への秘密のIAEA報告は、より多くの詳細を提供した。 「イランの庁への宣言によると、PFEPで生産されたUF6の濃縮レベルは55.3%U-235でした。庁は、イランが宣言した濃縮レベルを独自に検証するために、破壊分析のために製造されたUF6のサンプルを採取しました。この分析の結果は、やがて庁によって報告されるだろう」と報告書は述べた。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)