ICCランキング:コーリはODIランキングのトップを維持し、ブムラは4位に後退

ICCランキング:コーリはODIランキングのトップを維持し、ブムラは4位に後退

インドのキャプテンViratKohliは、ODI打者のICCランキングでトップの座を維持し、ペースメーカーのJasprit Bumrahは、水曜日に発表されたボウラーのリストで4位に順位を下げました。


イングランドに対する1回目と2回目のODIで56と66のスコアを獲得したコーリは、彼の子猫で870ポイントを獲得しています。

イングランドとのホワイトボールシリーズで休んだブムラは、ボウラーの中で4位に順位を落とし、690ポイントを獲得しました。インドのリミテッドオーバーズ副キャプテンのロヒットシャルマはパキスタンのババールアザムに次ぐ3位で、KLラーフルは31位から27位に上昇しました。



オールラウンダーのハルディク・パンディアは、35と64のスコアの後、打者の中でキャリア最高の42位を獲得し、リシャブ・パンツはトップ100に入りました。

決勝戦で42対3を獲得したシームボウラーのブヴネシュワルクマールは、2017年9月の10位以来最高の11位に到達するために9スロットを獲得しました。 93位から80位に上がる。


イングランドでは、オールラウンダーのベン・ストークスが4位から24位に上がり、2回目のODIで52ボールから99点を獲得し、オールラウンダーの中で2位になりました。一方、ジョニー・ベインズウは、キャリア最高の796レーティングに触れた後、7位を維持しています。同じ試合で124の試合努力の彼のプレーヤーとポイント。モーエン・アリはボウラーの中で9位から46位にランクインしています。 T20のバッティングリストでは、ラフルとコーリの両方がラングを落とし、それぞれ5位と6位になりました。最新のT20Iランキングで、ボウラーとオールラウンダーのトップ10に登場したインド人は他にいません。

テストランキングでは、スピナーのラヴィチャンドランアシュウィンが、オーストラリアのパットカミンズに次ぐ2位を維持しました。


オールラウンダーのリストでは、Ravindra Jadejaが3位にランクされ、Ashwinが4位を占めています。

コーリは打者の中で5位のままでしたが、スワッシュバックリングのウィケットキーパーの打者パンツとロヒットは7位を共有しました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)