日本は福島の海への水の放出を間もなく発表する

日本は福島の海への水の放出を間もなく発表する

日本政府は、破壊された福島原子力発電所のタンクに貯蔵された大量の処理済みであるがまだ放射性の水を太平洋に放出することを決定した、と地元メディアは金曜日に報じた。懸念。


菅義偉首相は水曜日に水産協会の最高幹部に、彼の政府は海への放出が最も現実的な選択肢であり、最終決定は「数日以内に」行われると信じていると語った。産業省当局者は金曜日、主要な大臣の会合で正式な発表がまもなく行われる予定であると述べた。共同通信などの報道によると、早ければ火曜日に閣僚会議が開かれ、すでに最終決定に至っているという報道は確認しなかった。政府の委員会は、福島のイメージや地域の漁業やその他の事業をさらに損なうことなく水を処分する方法について7年間議論した後、2年前に海への放出が最も現実的な方法であると報告書を作成しました。報告書は、あまり望ましくない選択肢として蒸発について言及しました。

このリリースは、電力会社である東京電力が原子力当局によって承認された施設を設置してから約2年後に開始される予定です。予備的な見積もりによると、プラントのクリーンアップが終了する前に、水の段階的な放出が完了すると予想されます。海への水の放出は、地元の漁師や住民からの激しい反対に直面しています。日本水産協同組合の岸宏会長は、菅氏の提案された解放計画を拒否し、政府にそれが漁業への損害にどのように対処するかを説明するよう要求したと述べた。



政府は、地元の漁業を支援し、損害賠償を提供するために最善を尽くすと述べた。

2011年には、マグニチュード9.0の強力な地震と津波により、福島第一原子力発電所の冷却システムが損傷し、3つの炉心が溶けました。


それ以来10年間、冷却水は損傷した一次格納容器から原子炉建屋の地下室に絶えず逃げてきました。損失を補うために、追加の水が原子炉にポンプで送られ、原子炉内に残っている溶融燃料を冷却します。また、水は汲み出されて処理され、その一部は冷却水としてリサイクルされ、残りは工場の約1,000のタンクに貯蔵されます。

電力会社である東京電力は、約124万トンの放射性水と戦っています。東京電力と政府当局者は、少量で有害ではないトリチウムは水から除去できないが、処理のために選択された他のすべての放射性核種は放出のために安全なレベルに減らすことができると言います。しかし、一部の科学者は、このような大量の水からの低線量被ばくによる海洋生物への長期的な影響は不明であると述べています。


オペレーターは、タンクの137万トンの貯蔵容量は2022年にいっぱいになり、廃炉施設のためのスペースを作るためにタンクを取り外す必要があると言います。

日本は、透明性と国民の信頼を高めるために、安全性のレビューと監視への国際原子力機関の関与を求めてきました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)