日本のトヨタ、いすゞ、日野がトラック技術提携に参加

日本

代表的な画像画像クレジット:ANI


日本の自動車メーカー、トヨタ、いすゞ、日野は水曜日、電気、水素、接続、自動運転技術で協力する商用車のパートナーシップを確立すると発表した。両社は共同声明で、今回の合意により、日本のトップ自動車メーカーであるトヨタ自動車とトラックメーカーのいすゞ自動車がそれぞれ4.6%の株式を取得すると発表した。日野自動車はトヨタのトラック部門であり、いすゞのライバルでした。

3社を合わせると日本のトラック市場の80%を支配している。



カムリセダン、プリウスハイブリッド、レクサスの高級車を生産するトヨタは、2006年に購入したいすゞの株式5.9%を2018年に売却した。以前、いすゞは米国の自動車メーカーであるゼネラルモーターズと資本提携していた。

トヨタ、いすゞ、日野の協力は、水素インフラを構築することで排出量を削減し、オンラインで情報を共有し、配送をより効率的にすることで、国のドライバー不足を解決することを目的としています。 「最近、正しい方法が何であるかを見分けるのは難しい」とトヨタの豊田章男社長はオンラインでストリーミングされた記者会見で語った。 「それで、私たちはそれを試してみて、それから再試行する必要があります。繰り返しのプロセスを通して、トヨタはそれが持っているものを達成しました。 3社は、電気自動車、燃料電池車、自動運転、トラック用の電子プラットフォームの開発を計画しており、コスト削減、生態系インフラの促進、交通安全の向上を実現しています。いすゞの片山正典社長は、「より良い社会を構築するためには、企業はイノベーションを起こさなければならない」と語った。いすゞ、日野、トヨタは、相互の株式保有とは別に、パートナーシップを促進し、技術とサービスを計画するために、東京にコマーシャルジャパンパートナーシップテクノロジーズコーポレーションと呼ばれる会社を共同で設立していると、同社の社長はオンラインニュースに一緒に登場した会議。


資本金1,000万円(93,000米ドル)の新会社は、トヨタが80%、いすゞと日野がそれぞれ10%を所有する。

「この新しい枠組みは、社会の課題を解決するための一定の一歩です」と日野社長の下義生は述べています。トヨタ・いすゞ・日野の提携における重要なプロジェクトは、2011年3月の津波、地震、原発事故に見舞われた福島県で開発されている「水素ベースの社会」モデルに燃料電池トラックを導入することです。


豊田氏は、それ以来毎年3月に、三重の災害を記念して東北地方に行ってきたと語った。今年は、まだ放射線に汚染されている福島の浪江町を訪れ、水素社会の取り組みが地域の復興に貢献することを願っています。 「物を運ぶ人の仕事をもっと楽にしたい」と豊田氏。

水曜日の東京取引では、トヨタの株価は2.2%下落し、いすゞの株価は5.4%上昇した。日野の株価は1.0%近く下落しましたが、ベンチマークの日経225は2%下落しました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)