カルナタカ州:マニパル工科大学の「封じ込めゾーン」に住むすべての人がCOVIDの検査を受ける

カルナータカ州:に住んでいるすべての人

代表的な画像。画像クレジット:ANI


マニパルキャンパスのマニパル工科大学の「封じ込めゾーン」に住むすべての人々がCOVID-19の検査を受けると、火曜日に研究所の所長であるD SrikanthRaoに通知した。 「マニパル工科大学マニパルキャンパスの「封じ込めゾーン」に住むすべての人がCOVID-19の検査を受ける」とディレクターは述べた。

昨日、ウドゥピ地区保健官のSudhir Chandra Sooda博士は、日曜日に学生と連絡先の間で45件の新しいCOVID-19症例が報告され、マニパル工科大学(マニパル)キャンパスでの症例総数は299件に達したと述べました。学生はキャンパスで隔離されました。 3月18日、マニパルにあるマニパル工科大学(MIT)のキャンパスは、過去数日間に59人がCovid-19陽性をテストした後、ウディピ政権によって封じ込めゾーンとして宣言されました。



「マハラシュトラ州、パンジャブ州、カルナータカ州、グジャラート州、チャッティースガル州、タミルナードゥ州の6つの州は、毎日の新しい症例の急増を報告しています。それらは合わせて、過去24時間に報告された新しい症例(40,715)の80.90パーセントを占めています。 (ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)