中佐バーラトパンヌがギネス世界記録を2回破り、最速のソロサイクリングを実現

中佐バーラトパンヌがギネス世界記録を2回破り、最速のソロサイクリングを実現

中佐バーラトパンヌ(ファイル写真)。画像クレジット:ANI


インド陸軍の電子機械技術者(EME)の将校であるパンヌ中佐は、昨年10月に最速のソロサイクリングで2回連続の世界記録を作成しました。公式のギネス世界記録は2021年4月に受け取られました。

公式声明によると、最初の記録は472 kmの困難なルートでレーからマナリまで試みられ、2番目の記録はインドの4つの大都市を結ぶ5,942kmのゴールデン四辺形ルートでした。彼は、パンデミックの状況の中で、この大胆な偉業を達成するために全国を移動するのに21日の努力を要しました。



最初のイベントは、ラダックでの20日間の順応とトレーニングの後、2020年10月10日にレーから始まりました。この記録は以前に試みられたことはなく、警官はギネス記録に入るのに40時間のカットオフタイムを得ました。彼が遭遇した最低気温は、サルチュで摂氏12度でした。

このルートには、5つの高地パス(タグランラ、ナキーラ、ラチュルンラ、バララチャラ、ロータンラ)があり、最高の高さは17,480フィートです。 'ライドの累積高度ゲインは29,200フィートでした。ギネス当局は新しく建設されたアタルトンネル経由の短いルートを取ることを許可していなかったため、警官はロータン峠を経由する長いルートをとらなければなりませんでした。警官はルートを横断して新しい記録を樹立するのに35時間25分かかった」と付け加えた。


2番目のイベントは、2020年10月16日にニューデリーのインド門から始まり、コルカタ、チェンナイ、ムンバイを経由して5942kmのゴールデンクアドリラテラルルートに近づきました。警官は2020年10月30日にインド門で14日23時間52分で遠征を終えました。以前の記録は、2017年3月5日にニューデリーのDevanshu Shivnaniによって達成された19日23時間で、ほぼ5日改善されました。

彼は遠征中に交通渋滞、南インドでの数日間の雨、機器の故障などに遭遇しました。警官は平均して3〜4時間眠り、その間1日あたり400km以上をカバーしました。役員は、2020年のアメリカ全土のバーチャルレースで世界第3位に立ち、国際的なウルトラサイクリングイベントで表彰台を獲得した最初のインド人になりました。


彼はまた、ゴアからウーティまでの1750kmのウルトラスパイスレース2019で最初に立っていました。彼の次の計画は、2022年にアメリカ全土でレースの表彰台に立つトリコロールを持ち上げることです。(ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)