MeghaEngineeringの最初のMakeinIndia石油掘削装置が操業を開始

メガエンジニアリング

Megha Engineering&Infrastructures Ltd(MEIL)は水曜日に、最初の自国製の石油掘削リグがグジャラート州アーメダバードのKalol油田で操業を開始したと語った。水曜日に稼働を開始したリグは、47の掘削リグで6,000ルピー相当の注文の一部です。同社の声明によると、MEILは、石油および燃料の抽出に使用されるリグを高度な技術で製造および使用する民間企業としては初めての企業です。センターのMakein Indiaプログラムの一環として、MEILはこれらのリグを国内で初めて製造したと付け加えました。 1500 HP(馬力)の容量を備えたこれらのリグは、地表から最大4000メートル(4 km)の深さの油井を簡単に掘ることができます。これらのリグの寿命は約40年です。


2019年、MEILは47の掘削リグを製造するために6,000ルピー相当の入札を受けました。その一環として、アーメダバードの油田で最初のリグが使用されたという。残りの46のリグは、製造のさまざまな段階にあります。残りの46のリグのうち、2つはアンドラプラデシュ州のラージャムンドリの油田で組み立て段階にあり、残りのリグはアッサム、トリプラ、タミルナドゥのONGC油田に供給されます。

MEILの副社長PRajesh Reddyは、同社が高度なネイティブテクノロジーとONGCへの供給を備えたMake inIndiaプログラムの下で最初のリグを製造することを非常に誇りに思っていると述べました。



このプログラムは、国内の石油生産を増やし、輸入を減らすことにより、国内経済の改善に大いに役立つだろうと同社は述べた。

Reddyは、MEILは、これまで主に他国の機械に依存していた石油および燃料抽出装置におけるインドへの希望になっていると述べた。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)