ミルザプル:持参金、音楽が結婚式の一部であるニカの儀式をボイコットするイスラム教徒の体

ミルザプル:持参金、音楽が結婚式の一部であるニカの儀式をボイコットするイスラム教徒の体

代表的な画像。 。画像クレジット:ANI


ウッタルプラデーシュ州のミルザプルにある影響力のあるイスラム教徒の団体であるMarkaziSunni Jamiat Ulema-e-Hindは、持参金がその一部となる場合、イスラム教徒の結婚を厳粛にしないと述べています。持参金を「非イスラム」と呼んで、委員長のマウラナ・ナジャム・アリ・カーンは、持参金に対する需要が増え続けているため、社会の大部分で女の子が結婚していないと述べた。

さらに、イスラム教徒の団体はまた、音楽とダンスが行われ、DJがそこにいるニカセレモニーを実施しないと述べました。 「これはイスラム教に反対です。 (私たちは)そのような結婚式をボイコットするだろう」とイスラム教徒団体の委員会メンバーは付け加えた。イスラム教徒の体の管理人であるMuftiAbdul Khalikは、「持参金を求める人や立ち上がって食事をする人に対して、ミルザプールで運動が始まった」と述べた。



結婚を祝ってDJや花火をする人もイスラム教徒の体にボイコットされます。イスラム教徒の聖職者は以前、結婚式での音楽の使用について、それを経済的負担と浪費と呼んで異議を唱えていました。 (ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)