COVID-19の症例が急増する中、モスクワは学生と高齢者の輸送を制限している

COVID-19の症例が急増する中、モスクワは学生と高齢者の輸送を制限している

ロシアの新しいコロナウイルス症例の毎日の集計は火曜日の5月11日以来最高に上昇し、モスクワは学生と高齢者を市内の広大な公共交通網から遠ざけるための措置を講じるよう促されました。


モスクワ市長のセルゲイ・ソビアニン氏は、火曜日に首都が4,082件の新たな感染を記録したため、学生と高齢者を自宅に留めておくための対策が必要であると述べた。 「毎日、コロナウイルスの状況はますます困難で劇的になっています」とソビアニンは彼のウェブサイトに書き、火曜日に市内で1,000人以上がコロナウイルスで入院したと付け加えました。

ソビャニン氏によると、モスクワの公共交通機関を割引価格で利用できる学生用カードは、2週間の学校休暇が終了するまで金曜日に一時的にキャンセルされるという。ソビアニン氏は、65歳以上のムスコビ人と慢性疾患のある人は、10月9日から28日まで無料で市内を移動できるパスを剥奪されると付け加えた。



ソビアニン氏は、この動きはモスクワの高齢者を保護するためのものであり、新しいコロナウイルス感染の4分の1以上を占めていると述べた。 1,300万人近くの市は、事件の急増に対処するためにすでに2つの仮設病院を開設し、企業にスタッフの少なくとも30%をリモートで作業させるように命じました。

クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフ氏は月曜日、事件数が急増しているにもかかわらず、厳格な封鎖を課す計画に気付いていないと述べた。ロシアの公式コロナウイルスタスクフォースは火曜日に全国で11,615の新しい感染を報告し、188人が一晩で死亡し、公式の死者数を21,663人に押し上げたと述べた。


パンデミックが始まって以来、1,237,504の感染症があり、ロシアは世界で4番目に多い症例数を持っています。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)