MP:タイガーは感電死で死ぬ、男は抱かれた

MP:タイガーは感電死で死ぬ、男は抱かれた

代表的な画像画像クレジット:ANI


森林当局者によると、マディヤプラデーシュ州のセオニ地区のカワサ山脈で電気柵に接触したトラが死亡した。セオニの森林主任保護者(CCF)R S Koriによると、3歳のトラの死骸は、地区のカワサ山脈の下にあるピドライビュートの森で巡視チームによって発見されました。

森林局は調査を開始し、これに関連して22歳の男性を逮捕したと当局者は述べた。 「トラは、作物を救うために敷設された電化された金網に接触した後、感電死したことが判明しました。トラの死後、被告人は近くの森に死骸を投げた」と彼は言った。



犬の分隊による捜索の後、Savrireeth村の居住者であるMithleshBhalaviが逮捕されました。尋問中に、被告人は、野生動物から作物を救うために、有線の柵に電流を流したことを認めたと彼は言った。コリ氏によると、死骸は土曜日の朝の死後、国立トラ保護局(NTCA)のガイドラインに従って処分されたという。

動物の体のすべての部分は無傷だったと彼は言った。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)