MUFG、住友商事は、日本で活動家が成長するにつれて、AGMで気候変動投票に直面している

MUFG、住友商事は、日本で活動家が成長するにつれて、AGMで気候変動投票に直面している

代表的な写真。画像クレジット:Pixabay


日本最大の銀行である三菱UFJフィナンシャルグループと国内最大の商社の1つである住友商事は、年次株主総会でアクティビスト株主からの気候変動の決議の対象となっています。日本で3番目に大きな銀行であるみずほフィナンシャルグループの株主は、昨年の年次株主総会(AGM)で同様の決議に投票しました。

みずほの事業を2015年のパリ協定に合わせるという提案は却下されたものの、このような投票を行ったのは国内で最初の上場企業であり、決議への支持は35%で、日本の態度が変化していることを示しました。かつては希少で簡単に拒絶された後、環境問題に対する株主の投票は他の場所でますます一般的になり、米国とヨーロッパで企業と財務の変化を強制するのに役立っています。

ロイターが見たコピーによると、6月に年次株主総会を開催する三菱UFJに金曜日に提出された株主提案は、投資と資金調達をパリの目標にどのように合わせるかを概説するよう銀行に求めた。 「この提案は、企業の気候変動リスクへのエクスポージャーを管理し、企業価値を維持および向上させることを目的としています」と、同じくみずほ決議、熱帯雨林アクションネットワーク。

MUFGは、貸付方針の引き締めを検討しているとのことであるが、決議を受けたかどうかについてはコメントを控えた。 MUFGは、他の日本の銀行と同様に、燃料の燃焼による排出量への懸念が高まる中、近年、石炭プロジェクトへの貸付により多くの条件を課しています。


マーケットフォースグループが金曜日に6月に年次株主総会を開催する住友に提出した提案は、世界の気温上昇を摂氏1.5度に制限するというパリの目標に沿った事業戦略の採用と開示を同社に求めた。住友首相は、市場勢力決議の内容を確認していると述べ、これ以上のコメントはしなかった。

決議の文言は、環境に配慮した投資家が銀行を石炭のような最も汚い化石燃料産業への融資から追い出すために他の場所で使用しているものと非常に似ています。政策立案者と規制当局はまた、銀行に低炭素経済への移行を加速するためにより多くのことをするよう圧力をかけています。


最近のデータによると、すでに今年は79件の気候関連の決議が米国の株主によって提出されましたが、昨年は72件、2019年は67件でした。決議は一般に、石油や輸送から食品や飲料に至るまで、企業をセクター全体に押し付け、2050年までに排出量を純ゼロに削減するという政府の公約に沿って、今後数年間で二酸化炭素排出量を削減する計画を詳しく説明します。

最近2050年までにカーボンニュートラルを約束した日本は、石炭の使用を拡大している唯一の主要な工業化経済です。 2011年の福島原発事故により、かつて世界第3位の経済大国の電力の約3分の1を供給していた国内のほとんどの原子炉が停止しました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)