国家統計委員会委員長が第27回COCSSOを発足

国家統計委員会委員長が第27回COCSSOを発足

B. K. Roy教授は就任演説で、COCSSOは、すべての利害関係者を集めて統計的な関心事について話し合うための重要なプラットフォームであると述べました。画像クレジット:Twitter(@GoIStats)


国家統計委員会の議長であるBimalK Roy教授は、2019年11月11日に西ベンガル州コルカタで、インド兼秘書の主任統計学者であるShri Pravin Srivastavaの出席の下、第27回中央および州統計機関会議(COCSSO)を発足させました。 、省統計およびプログラム実施(MoSPI)、インド政府。国家統計委員会のメンバーであるG.C. Manna博士、国家統計局の局長(調査)であるShri Vijay Kumar、および国家統計局の局長(経済統計)であるShri T. K.Sanyalもこの機会に出席しました。中央政府省庁、州政府、国際機関、学術機関、企業部門、コミュニティ組織、およびその他の利害関係者の代表者が会議に参加しました。

2. B. K. Roy教授は就任演説で、COCSSOは、すべての利害関係者を集めて統計的な関心事について話し合うための重要なプラットフォームであると述べました。彼はまた、技術の進歩と変革の文脈で専門の統計学者の役割が動的に変化し、最終的には社会の幸福につながることを強調しました。



3. Shri Pravin Srivastavaは、MoSPIがSDGsの堅牢な監視メカニズムの導入に向けていくつかの措置を講じているときに、今年の会議のテーマが適切に選択されたと述べました。彼はさらに、SDGsの達成は、誰も置き去りにしないという精神に従った国のコミットメントであると述べました。彼はまた、国家レベルで指標を監視するためにMoSPIによって開発された国家指標フレームワークに沿って、州/ UTレベルでSDGsのための国家指標フレームワークを開発する必要性を強調した。

4.第27回COCSSOは、インド政府のMoSPIが毎年主催する会議です。 COCSSOは、計画立案者や政策立案者が信頼できるタイムリーな統計を利用できるようにするための調整された取り組みを行うことを目的とした、中央統計機関と州統計機関の間の調整のための主要な全国フォーラムです。


5.中央省庁、ならびに保健家族福祉省、人的資源開発省、環境森林気候変動省などのさまざまな国内および国際機関の代表者によるテーマに関連する多数のプレゼンテーションとディスカッション。 UNDP、ILO、NITI Aayog、Tata Trusts、PwCなどが会議中に発表されます。さらに、さまざまな州/ UT、経済統計局もこの分野での経験を共有します。このセッションでは、MoSPIの新しいイニシアチブ、地域のベストプラクティスの共有、SDGsのリアルタイム監視におけるテクノロジーの役割、データの課題、National Indicator Framework(NIF)とState Indicatorの調整など、いくつかの重要な統計問題について検討します。 SDGsなどのフレームワーク(SIF)。

6.会議での詳細な審議により、州政府はNIFに沿った州指標フレームワークを開発し、国の統計システムを強化することができます。


(PIBからの入力あり)