ナイジェリア政府は、フライトあたりの乗客数を116人から200人に増やしました:NCAA

ナイジェリア政府は、フライトあたりの乗客数を116人から200人に増やしました:NCAA

ファイル写真画像クレジット:Twitter(@NigerianCAA)


Ynaija.comのニュースレポートによると、ナイジェリア政府は、国際航空会社の1便あたりの乗客数を116人から200人に増やし、ラゴス空港とアブジャ空港の両方で週に合計25、200席を増やすことを承認しました。

ナイジェリア民間航空局(NCAA)の局長であるMusa Nuhu船長は、声明の中で承認を開示しました。



声明によると、連邦政府は、更新されたフライトスケジュールの発効日である10月2日付けの航空会社レター(AOL)を通じて、「ナイジェリアに飛ぶすべての外国航空会社」への容量増加を承認しました。

更新されたフライトスケジュール。 pic.twitter.com/dYyhw2jvEo


-ナイジェリアCAA(igerNigerianCAA) 2020年10月3日

国際線はアブジャ空港とラゴス空港でのみ運航しており、ラゴスは毎日11〜12便を記録していますが、アブジャは7便を記録しています。

ナイジェリアに飛んでいるすべての外国の航空会社に宛てた手紙の中で、NCAAは、更新が航空会社による追加の飛行頻度の要求に従ったと説明しました。


NCAAの局長であるMusaNuhu船長が署名した書簡には、すべての航空会社が航空および公衆衛生当局によって発行されたCOVID-19健康プロトコルに準拠していることを確認する必要があると記載されていました。

それは、「月曜日に、ラゴス、デルタ、トルコ、カタール、エチオピア、ケニア航空、および他の4つが異なる目的地に飛ぶことが期待されている」と述べた。