ニラーユルの織工は、TN政府が彼らの発展のために何もしなかったと言い、債務免除を促します

ニラーユルの織工は、TN政府が彼らの発展のために何もしなかったと言い、債務免除を促します

水曜日にANIに話しかける手織り織り。 。画像クレジット:ANI


マドゥライ近郊のニラユル村の織りコミュニティは、与党AIADMKタミルナードゥ州政府が州内の織工の育成に何もしていないと主張しています。

Bharat Handloom WeaversAssociationの副会長であるSanthaRamは、ANIと話して、ニレイユールで生産された絹はグジャラート州とマハラシュトラ州に輸出されていると述べました。 「コロナパンデミックの時期に、私たちの生活は最も影響を受けました。ここで生産された絹は、マハラシュトラ州とグジャラート州に輸出されています。 Santha Ramは、マドゥライ近くのNilayur村に500人の手織り職人がいると言いました。 「私たちは皆、コロナパンデミックによる封鎖中に多くの問題に直面しました。このタミルナードゥ州政府は、織工のために何もしていません。私たちは、少なくとも次の政府が織工コミュニティのために何かをすることを期待しています。



彼はさらに、政府は織工の融資を放棄しなければならないと述べた。 「政府は織工のすべての貸付と債務を放棄しなければならず、さらに政府は織工にプッカの家を提供しなければなりません。」手織りの織工であるサロハは、サリーを作るごとに400ルピーを稼ぎ、4,900ルピーを稼ぐのに45日から60日かかると言いました。彼女は言った、「私は夫を失い、未亡人であるため、政府は私にRsを提供します。月額1,000。サリーを織ることで、サリー1つあたり400ルピーを稼ぎ、4,900ルピーを稼ぐのに約45日から60日かかります。

彼女は、「私は政府に未亡人年金を1,000ルピーから2,000ルピーに引き上げるよう要請する」と述べた。ニラーユルの織工であるラジャンは、タミルナードゥ州政府は織工コミュニティのために何もしていないと述べました。彼は政府に織工のための家を建て、織工の家族に政府の仕事を提供するように促した。


プレム・クマールは、AIADMK政府がここで10年間統治しており、織工には何もしていないと述べ、これを変えたいと述べ、カマル・ハサーンが来たるタミル・ナードゥ州議会選挙で権力を握ってほしいと述べた。タミル・ナードゥ州は、4月6日に始まる単相選挙で投票に向かう予定です。(ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)