議会、政治指導者、政策立案者、報道機関は農業に対して前向きなバイアスを採用しなければならない:副大統領ナイドゥ

議会、政治指導者、政策立案者、報道機関は農業に対して前向きなバイアスを採用しなければならない:副大統領ナイドゥ

Shri Naiduは、投入コストの上昇と不利な市況のために、多くの人々が農業を離れて都市部に移住していることを観察しました。画像クレジット:Twitter(@VPSecretariat)


Shri M. Venkaiah Naidu副大統領は本日、インドの農民の地位を向上させ、農業を収益性の高いものにするために、農業部門で切望されていた改革の必要性を強調しました。彼は、これを達成するための協力的な行動と、農民や農業科学者との対話を呼びかけ、農業コミュニティに具体的な結果をもたらすシステムを設計しました。

副大統領は、進取の気性に富んだ若者が村に戻り、高度な技術を農業にもたらした事例について幸せを表明し、これは有望な傾向であり、さらに加速する必要があると述べました。彼は、農業起業家精神は、人口ボーナスを有益かつ持続的に採用し、活用するための効果的な方法であると強調しました。



シュリナイドゥはまた、改革をもたらすためにチームインドの精神でセンターと米国の両方による最優先事項と協調行動を助言した。

Shri Naiduはまた、議会、政治指導者、政策立案者、報道機関の4つのPが、農業に対して前向きなバイアスを積極的に採用しなければならないと提案した。 「実際、農業を収益性の高いものにするための根本的な変化は、時間の必要性です。また、成長が安定して持続可能であることを確認する必要があります」と彼は言いました。


アーンドラプラデーシュ州の元総務長官であるモハンカンダ博士が執筆した「インドの農業:現代の課題-農民の収入が倍増する状況で」という本をリリースすると、副大統領は、インドの農民が潜在能力を最大限に発揮するのを妨げている問題が「いつものようにビジネスを続けることはできません」と付け加えます。

土地所有の縮小、モンスーンへの継続的な依存、灌漑への不十分なアクセス、正式な農業信用へのアクセスの欠如など、農産物に影響を与える重要な問題に言及して、彼は言った。収益性の高いベンチャーとは見なされていません」。


Shri Naiduは、投入コストの上昇と不利な市況のために、多くの人々が農業を離れて都市部に移住していることを観察しました。

この点で、副大統領は、農業を実行可能にするための統治や構造改革のような長期的な政策変更を求めた。センターと州が農民に援助の手を差し伸べるべきであると提案して、彼は政府にローンの放棄を超えて考えるように忠告しました。農民は、タイムリーで手頃なクレジット、保証された質の高いパワー、ゴーダウンやマーケティング施設などのインフラストラクチャのサポート、単なるドール以上のものを必要としているとシュリナイドゥ氏は述べています。


Shri Naiduは、インドの農業の状態を改善できる優れた慣行を反映して、農民に作物の多様化を促し、農業のリスクを軽減するために関連する活動を行うよう政府に助言しました。彼は、消費パターンと好みの変化に伴い、有機農業と食品加工を大々的に取り入れて、農業の収益性を高めることができると付け加えました。彼はまた、規模の経済を活用し、農民の交渉力を高めるために、農民生産者組織を復活させるべきであると提案した。

Shri Naiduは、多くの課題があるにもかかわらず、インドの農民の固有の強みとこのセクターで起こっている革新により、インドの農業はさらなる成長の準備ができているように見えると述べました。これに関連して、副大統領は、COVID-19のパンデミックの間でさえ、記録的な食用穀物と園芸生産の偉業を達成したことで農民を称賛しました。

シュリナイドゥ首相は、2022年までに農民の収入を倍増させるという首相の呼びかけに言及し、政府と政策立案者のアプローチが単なる生産と生産性から農民と農民の福祉に焦点を当てる方向にシフトしたと述べた。彼は、この目的のために、全体的な戦略が概念化され、最近の農場法を含む複数の改革とプログラムが導入されたと述べました。

Shri Naiduは、農民が直面する収量リスクと価格リスクの問題に取り組むことの重要性を強調し、道路インフラ、貯蔵および倉庫施設、作物の多様化、食糧の改善など、農業に付加価値をもたらすことができる重要な連携に焦点を当てるよう求めた。処理。彼は、これらのイニシアチブは農業をより実行可能で収入を生み出す軌道に乗せることができると述べた。


Shri Naidu氏は、作物の多様化の重要性について詳しく説明し、国の消費パターンは年々変化しており、栄養を穀物に依存することが少なくなり、タンパク質の消費量が増加していると述べました。この点で、彼は農民がより少ない水と電力を使用する作物を栽培することを奨励する必要性を強調しました。

Shri Padmanabaiah、元インド政府内務大臣、Shri B. Vinod Kumar、副議長、Telangana State Planning Board、Dr Mohan Kanda、Prof。DeviPrasad Juvvadi、Center for Good Governance、Shri Anil Shah、Director、BSP Books Pvt。イベント期間中は株式会社等が出席しました。

(PIBからの入力あり)