貧困ライン以下の人々は、12,000ルピー以上の電気代を受け取った後、オリッサ州大臣の肖像を燃やす

貧困ライン以下の人々は、12,000ルピー以上の電気代を受け取った後、オリッサ州大臣の肖像を燃やす

オリッサでの抗議からのビジュアル。 。画像クレジット:ANI


12,000ルピー以上の電気料金を受け取った後、カラハンディのBPL(Below Poverty Line)カテゴリの人々は、Odishaエネルギー大臣のDibya ShankarMishraの肖像を燃やしました。 「私は1つの電球を使用し、12,500ルピーの請求書を受け取りました。単一の電球を使用するのにどれくらいの費用がかかりますか?」月曜日に地元の人に尋ねた。

村人のKarunakarSagarは、次のように述べています。私はルピーを支払うことができます。 300ルピー500. Rs.12,500をすぐに受け取るにはどうすればよいですか?また、なぜそれを支払うのですか?電球をつけるのにどれくらいの費用がかかりますか?彼らが来てRsを取った後のパンデミックの時に。私から500。今では5〜6か月後に彼らがやって来て、私にRs.12,500を請求しています。 「私はBPLカテゴリに属しており、Ujwalaスキームに従ってこの接続を取得しました。彼らは私たちにワイヤーだけを提供してくれました。メーターはまだありません。エネルギー大臣は金持ちか貧乏人かを尋ねる」と述べた。



一方、議会党の州大統領Niranjan Patnaikはまた、政府と企業が損失を克服するために電力料金を引き上げたと非難した。 OPCCの大統領であるNiranjanPatnaikは、次のように述べています。政府と電力会社の不祥事を隠すために、BJD政府は一般人のポケットからすべてのペニーを搾り取ろうとしています! (ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)