PineLabsがFaveを4,500万米ドル以上で買収

PineLabsがFaveを4,500万米ドル以上で買収

決済ソリューションプロバイダーのPineLabsは火曜日に、4500万米ドル(約339億ルピー)を超える取引で消費者向けフィンテックプラットフォームFaveを買収したと語った。


Faveの創設者は、アジア全体のグループの全体的な消費者プラットフォームをリードするために、その役割を拡大します。声明によると、フェイブは東南アジアとインドでも100人以上の新入社員を採用する予定だという。投資家は全額現金で支払いを受け、創設者とFaveの主要な従業員は現金とPineLabsの両方の株式を受け取ると付け加えた。

Faveは、2016年以来、東南アジアの600万人の消費者が40,000の小売業者全体で4億米ドル以上を節約できるようにしました。マレーシア、シンガポール、インドネシアの35都市で事業を展開しています。昨年8月、FaveはSingtelおよびDBS Bankとのパートナーシップを発表しました。これにより、50万人を超えるシンガポール人がそれぞれのSingtelDashおよびPaylahを使用できるようになりました。 Faveパートナーストアで支払うeウォレットアプリ。



「この買収により、両社はアジア地域での成長を加速し、小売、F&B、ファッション、およびFMCG市場全体で大規模な消費者の機会を開拓することができます。 Pine Labsと力を合わせることで、東南アジアにおけるFaveの市場での地位が強化されます」と述べています。

今回の買収により、インドの消費者は今年後半にFaveアプリを使用して、インドの3,700都市にあるPineLabsが提供する500,000を超えるマーチャントネットワークポイントを節約できるようになると付け加えました。


「消費者は、支払いの種類に非常に多くの選択肢があります。彼らは、すべてのトランザクションを確実に節約したいと考えています。 Faveは、消費者がすべてのトランザクションに最高の報酬、クーポン、ギフトカード、キャッシュバックをシームレスに適用できるようにします。 JoelとFaveチームは、スムーズなチェックアウト体験で忠実な消費者基盤を構築しました」とPineLabsのCEOであるBAmrishRau氏は述べています。

Faveの共同創設者兼CEOであるJoelNeohは、インドは若い人口統計でデジタルの優位性を持っており、可処分所得の増加とデジタルの知識の増加で意欲的な中産階級を成長させていると述べました。 「APACの電子決済環境は、今後10年間で指数関数的成長を達成し続けると確信しています。一緒になって、私たちはより強く、より速く、より良くなるでしょう」と彼は付け加えました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)