プラネイ・ペルマラの名誉殺人で告発された首相が自殺

プラネイ・ペルマラの名誉殺人で告発された首相が自殺

代表的な画像。画像クレジット:ANI


警察によると、日曜日にプラーマラの名誉殺人事件で起訴された首相、マルティ・ラオは、ハイデラバードのアリヤ・ヴィシャ・バヴァンで自殺したとされている。警察によると、Perumallaの契約殺人で主に告発されたのは、サイファバード警察署の境界にあるKhairatabadのArya VysyaBhavanで死んでいるのが発見されたという。

サイファバード警察副長官が電話でANIに話しかけたところ、「マルティラオは午前中に死んでいるのが発見された。彼は自殺したが、事件はまだ登録されていない。さらなる調査が進行中です。」ラオは、2018年9月14日に起こった殺人事件で、プラネイを殺害するために2018年9月に契約殺人者に1ルピーを支払ったとして告発されました。

プラネイは娘のアムルサと結婚しました。警察は、ラオは異宗婚に反対したと述べた。その間、彼の娘は言った、「私たちはまだ明確ではありません、私の父は彼らがプラネイを殺した後、後悔のために自殺したかもしれません。その後、私は彼と話したり、彼を見たりしたことはありませんでした。」 (ANI)

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)