ルネサスは、火災に見舞われたチップ工場での通常の生産には100〜120日かかると述べています

ルネサスは、火災に見舞われたチップ工場での通常の生産には100〜120日かかると述べています

代表的な画像画像クレジット:Facebook(ルネサス)


日本のチップメーカー、ルネサスエレクトロニクスは火曜日、政府が一部の台湾企業に代替チップの生産を支援するよう要請したにもかかわらず、火事に見舞われた工場で通常の生産に戻るには少なくとも100日かかると述べた。同社の北東日本にあるチップ工場は、今月初めに1台のマシンの電力サージにより火災に見舞われ、自動車、スマートフォン、および家電。

自動車に使用されるマイクロコントローラーチップの世界市場シェアのほぼ3分の1を占めるルネサスは、23台のマシンが火災で損傷し、交換または修理が必要であり、当初の見積もりである11のほぼ2倍であると語った。工場での生産は1か月以内に再開する可能性が高いように見えたが、火災前のレベルへの回復には事件から100日から120日かかると予想されたという会議。



「私は状況についてあまり悲観的ではない」と彼は言った。 「私たちは回復のタイミングからそれほど遠くないだろうと思います...それは1ヶ月以内です。そして、私たちの見通しでは、製造能力はほぼ100%回復するでしょう。」彼は、代替チップ生産の短期出荷は不可能であり、同社は12月までの6か月で損失を回復すると付け加えた。

ルネサスは、今後2か月で、関連する売上高が195億円から260億円(1億7,740万ドルから2億3,650万ドル)になると述べた。ルネサスの株価は火曜日に0.5%下落しました。これは主に日本市場の拡大に沿ったものです。


その日の早い段階で、日本の梶山弘は、日本がいくつかの台湾の製造業者に半導体の代替生産に協力するよう要請したと述べた。梶山氏は閣議後、記者団に対し、「調達をスピードアップするために、(台湾の)いくつかの製造設備メーカーと連絡を取り合っている」と語った。 「省はまた、あらゆる可能な手段を使用することにより、迅速な回復のために協力します。」

貿易省当局者は水曜日にロイター通信に対し、日本政府はルネサスの生産回復を支援するよう機器メーカーに呼びかけ、官僚が国内外の企業に連絡を取り、火災に見舞われた企業に部品や機械を提供するよう要請したと語った。 ($ 1 = 109.9500円)


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)