ReNew Powerは、2050年までに正味ゼロ排出量を達成することを約束します

ReNew Powerは、2050年までに正味ゼロ排出量を達成することを約束します

代表的な画像。画像クレジット:Pixabay


クリーンエネルギー会社のReNewPowerは木曜日に、2050年までに正味ゼロ排出量を達成することを約束していると述べた。

このコミットメントにより、ReNew Powerは世界的な気候危機への対処を支援し、世界の低炭素経済への移行を先導することを目指していると声明で述べています。



「インドの大手再生可能エネルギー企業であるReNewPowerは、本日(木曜日)、2050年までに温室効果ガスの排出量をゼロにするというコミットメントを発表しました」と声明は述べています。

ReNewの誓約は、「Race To Zero」キャンペーンと一致しています。これは、正味ゼロの炭素排出量の達成に取り組む世界最大の同盟です。


同時に、ReNew Powerは、ネットゼロ経済への移行を加速するために、企業、政策立案者、非政府組織との長年にわたる研究と協力のプログラムに取り組んでいると述べた。

声明によると、ReNew Powerは、インド最大の再生可能エネルギー企業として、インドのクリーンエネルギーへの移行において主導的な役割を果たしています。


同社はビジネスを超えて、常に気候変動対策アジェンダの最前線に立ち、多様なプラットフォームを利用してさまざまな利害関係者を動員し、知識と意見を共有し、戦略について話し合い、実践的な行動方針を示してきました。

エネルギー効率の向上、再生可能エネルギーの供給の増加、ネットワークの無駄の削減を通じて、二酸化炭素排出量の削減に取り組んでいます。


「ReNewPowerは、気候関連のリスクと機会を特定、評価、管理することにより、気候変動への取り組みに取り組んでいます。

「RacetoZero」キャンペーンへのサポートを拡大することにより、2050年までに世界の排出量を安定させ、低炭素経済への移行を推進し、必要な投資とイノベーションを促進する低炭素イノベーションの機会を創出することを目指しています。ネットゼロの目標を達成できるようにします」と、ReNewPowerの創設者兼会長兼最高経営責任者であるSumantSinha氏は述べています。

「RaceToZero」キャンペーンは、将来の脅威を防ぎ、雇用を創出し、包括的で持続可能な成長を実現する、健全で回復力のあるゼロカーボンの未来のために、企業、都市、地域、投資家からのリーダーシップとサポートを結集する世界的な取り組みです。

このキャンペーンは、471の都市、23の地域、1,675の企業、85の最大の投資家、および569の大学を代表し、主要なネットゼロイニシアチブの連合を動員します。


このキャンペーンは、COP26に先立って脱炭素経済への移行に向けて勢いをつけることを目的として、パリの目標を達成し、より包括的で回復力のあるものを生み出すために団結している企業、都市、地域、投資家の明確なシグナルを政府に伝えることを目的としています。経済。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)