SADは4月1日から小麦の購入を求めています

SADは4月1日から小麦の購入を求めています

代表的な画像画像クレジット:ANI


土曜日のSADは、パンジャブ州政府が4月1日から小麦の調達を開始するよう要求し、調達が10日間遅れると、小麦生産者に大きな困難が生じると述べた。

州政府は、州内でのCOVID-19症例の増加により、4月10日から小麦の調達を開始することを発表しました。



Shiromani AkaliDalのリーダーであるPremSinghChandumajraとDaljitSingh Cheemaは、調達の遅れは、収穫した作物を10日間畑に貯蔵しなければならない農民に困難をもたらすと述べた。

それは調達シーズンの延長につながり、水田作物の播種を遅らせるだろうと彼らは付け加えた。 SADはまた、小麦調達シーズンを10日間遅らせたことにより、議会主導の政府がセンターの手に渡ったと非難した。


チャンドゥーマジラとチーマは、SADが金曜日の夜にスフビル・シン・バダル大統領の下で行われた中核委員会で、3月30日にパンジャブ州知事のシン・バドノア副知事とこの問題を取り上げ、小麦の調達を開始するよう要求することを決定したと述べた。 4月1日から。 '​​また、議会政府が、ビハールとウッタープラデシュからキンタルあたり800ルピーで購入した水田がパンジャブに持ち込まれた巨大な水田調達詐欺を主宰することにより、州の利益を危うくしたことを知事に通知します。キンタルあたり1,900ルピーで購入しました。 「これが、164ラクトンの購入の可能性に対して、昨シーズンに購入された実際の水田が218ラクトンであった理由です」と彼らは主張しました。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)