はい、チーズ!キプロスのハルーミがEU保護のステータスを取得

はい、チーズ!キプロス

代表的な画像画像クレジット:thenonproject.com


キプロスは、その貴重なハルーミの保護されたステータスを取得しており、その生産者に欧州連合でゴム状チーズを販売する唯一の権利を与えています。キプロスの農業省によると、今月下旬に、欧州連合は正式にハルーミ、またはトルコ語で「ヘリム」、保護原産地呼称(PDO)ステータスを与える予定です。これは10月から発効します。

キプロスの輸出市場の約25%を占めるペトルーブラザーズ乳製品のゼネラルマネージャーであるチーズメーカーのジョージペトルー氏は、この動きは業界と州が何年にもわたって言ってきたことを再確認していると述べた。 「残念ながら、近年、多くの国が私たちをコピーしようとしたので、登録は非常に役立ちます。他の国は、消費者を誤解させるようなハルーミなどを生産しません」と彼は言いました。



子供の頃、ペトルーはファーマーズマーケットで販売した故母のカッコウロウからハルーミを作る秘訣を学びました。彼女がミルクを静かにかき混ぜて、広大な「ハーツィン」または大釜でカードを分離すると、彼は台所の周りを製粉し、彼女を観察しました。 1982年、ペトルーは一等サッカー選手としての収入を補うために、アランブラブランドでハルーミの販売を開始しましたが、彼は振り返りませんでした。

ペトルーの会社は、1日250リットルのミルクを使ってハルーミを作ることから、当初は兄と一緒に設立され、現在は1日あたり250トンのミルクを処理し、220人を雇用し、40か国に輸出しています。その拡張は、キプロスのハルーミ生産の拡張を反映しています。


公式データによると、現在、医薬品に次ぐ国内で2番目に価値のある輸出であり、業界は過去5年間で毎年20%から22%の間で成長しています。農業省は、中国市場への浸透を目指していると語った。レシピに含まれる山羊、羊、牛の乳の比率の不一致など、貴重なPDOステータスを確保する上で克服すべきハードルがありました。

2024年までは法令で定められ、その後は少なくとも50%が羊と山羊の乳で構成され、残りは牛の乳で補われる。ハルーミのレシピはオンラインでたくさんありますが、地元の人にとっては、フライパンやバーベキューで投げたり、夏にメロンと一緒に生で食べたり、立方体にして投げ入れて、ひびの入った小麦のトラハナと一緒に煮たりする、用途の広いチーズの最も単純な形で楽しむことができますと冬に食べられるヨーグルトスープ。


キプロスの首都ニコシアにある人気のレストランで焼きハルーミを提供しているエヴロウラ・イオアノウは、「多くの観光客がここにそれを探しにやってくる」と語った。 「名前だけで知っている人もいるので、試してみるようになります。私が見たところ、彼らは本当に気に入っています」と彼女は言いました。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)