タミルナドゥペトロプロダクツがRs435crの投資計画を練り上げる

タミルナドゥペトロプロダクツがRs435crの投資計画を練り上げる

代表的な画像画像クレジット:Pixabay


AM InternationalGroupの石油化学部門のメンバーであるTamilNadu Petroproducts Ltdは、施設での生産を増やすために435ルピー相当の投資を計画していると同社は火曜日に語った。

Tamil Nadu Petroproducts Ltdは、30年の歴史を持つライナーアルカリベンゼン(LAB)メーカーであり、重化学物質と酸化プロピレンの製造施設を持っています。

生産能力の拡大には、LAB部門の増強、苛性ソーダ設備の改修、およびプロピレン回収ユニットの設置が含まれます。

容量拡張計画に従って、LAB容量は現在の1,20,000TPAから1,45,000TPAに増加し、推定コストは240クローレになります。


プロジェクトは24ヶ月で委託されます。

重化学部門(HCD)の場合、同社は165億ルピーを投資して、単極膜技術をより高度な双極膜技術に置き換えることにより、苛性ソーダと塩素ユニットを近代化します。


完成すると、苛性ソーダの生産能力は現在の1日あたり150トンから1日あたり最大250トンになり、同社はプロジェクトの完了時に約70%の追加収益を見込んでいます。

プロピレン回収ユニットの会社は約30億ルピーの投資を計画しており、既存のPO製造施設に設立され、ロジスティクスとエネルギーコストを節約します。


プロピレン回収ユニットは、非精製部門の民間企業によって設立された国内初の種類のものです。

Tamil Nadu Petroproducts Ltdは、PRUプロジェクトへのLPGの供給について、国内外のさまざまなベンダーと事前協議中であると述べました。

バルク化学中間体であるプロピレンは、プロピレンオキシドの原料であり、LPGに由来します。

PRUの技術は、同社の研究開発によって社内で開発されており、12〜18か月で実装される予定です。


拡張プログラムを採用するための投資は内部リソースを通じて賄われ、残りは他のソースを通じて賄われると同社は述べた。

Ashwin Muthiah副会長は、プロピレン回収装置の設置についてコメントし、「TPLは、プロピレン回収装置プラントを建設する民間部門で最初のインドの非精製会社になる」と述べた。

「これは、最先端のテクノロジーソリューションを継続的にアップグレードおよび導入することにより、製造効率を高めるという当社の取り組みを示しています。

プロセス効率と付加価値を導入することで利益率を最大化することは、私たちのグループ哲学に沿ったものです」と彼は言いました。

Muthiahによると、この拡張は、製造資産が最高の環境、健康、および安全基準を満たすことを保証するというAMInternationalのビジョンに沿ったものでした。

(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)