タタクリーンテックがJICAから最大100億円の融資を確保

タタクリーンテックがJICAから最大100億円の融資を確保

代表的な画像。画像クレジット:Pixabay


タタキャピタルとIFCの合弁会社であるタタクリーンテックキャピタルは、国際協力機構(JICA)との間で、再生可能エネルギー事業者への貸付について最大100億円(1円は67ペイス)の融資契約を締結した。

タタ・クリーンテックによると、この融資は、JICAの民間投資融資スキームを通じて提供され、三井住友銀行と共同出資されるという。



2016年に署名された気候変動に関するパリ協定の下で、政府は2030年までにGDPの温室効果ガス排出原単位を33〜35%削減することを約束しました。目標を達成するために、政府は再生可能エネルギーの設置などの緩和策を推進しています(ソーラーおよび風力)、エネルギー効率の高い機器、および電気自動車。

JAVは、タタグループ会社がグリーンファイナンスを提供することで気候変動の影響を緩和することを支援し、GHG(温室効果ガス)排出量の削減に貢献します。また、持続可能な開発目標7(手頃でクリーンなエネルギー)と13(気候変動)にも貢献します。


このJICAからの融資により、クリーンエネルギーへの移行ペースを加速させることができます。 TataCleantechのマネージングディレクターであるManishChourasiaは、国の気候ファイナンスをチャネル化して主流化することにより、再生可能エネルギー、e-モビリティ、エネルギー効率の各セクターにわたるプロジェクトに資金を提供し、支援することに引き続き注力していきます。

タタ・クリーンテック・キャピタルは、タタ・キャピタルと国際金融公社の合弁事業であり、気候ファイナンスとアドバイザリーサービスに焦点を当てた、初めての民間セクターのグリーン投資銀行です。 2011年11月の設立以来、新規および初期のセクターの金融を主流化する上で重要な役割を果たしてきました。


2019年には、屋上ソーラー市場を開発するために、緑の気候基金から1億米ドルのクレジットラインを確保しました。緑の銀行ネットワークへの導入によって国際的に認められているTCCLは、国内有数の事業体であり、このネットワークに参加した最初の民間セクターの気候金融機関です。

TCCLは、9.8ギガワット(GW)の再生可能エネルギーの開発に貢献し、15.1トンの年間炭素排出量を回避しました。 TCCLは8億5,000万米ドルの融資を行いました。


(このストーリーはEverysecondcounts-themovieスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動生成されます。)