タイの有名人、シンディシリニャビショップが国連ウィメン親善大使に任命されました

タイの有名人、シンディシリニャビショップが国連ウィメン親善大使に任命されました

「アジア太平洋地域への最初の国連ウィメン親善大使になることは本当に名誉なことです」とビショップは言いました。画像クレジット:Twitter(@UN_Women)


タイの有名人および権利活動家のシンディ・シリニャ・ビショップは、新たに任命されたアジア太平洋地域の国連ウィメン地域親善大使として、女性に対する暴力やその他の虐待を阻止するために取り組んでいます。

41歳のビショップは、この地域のほとんどの国で放送されているテレビ番組であるアジアのネクストトップモデルのホストとして最もよく知られているモデル兼女優です。



9月に始まった彼女の2年間の任命の間、ビショップは、ジェンダー平等と他のUN Womenの優先目標を促進し、資金を調達し、パートナーシップを構築するためにUNWomenを代表しています。彼女は、教育、対話、学校、コミュニティ、政府との協力を通じて、国民の意識を高めています。

「アジア太平洋地域への最初の国連ウィメン親善大使になることは本当に名誉なことです」とビショップは言いました。 「私の母は、非常に早い段階で、強い正義感と女性の回復力と強さに対する強い信念を教えてくれました。これらの価値観は、今日も私を導いてくれます。特にジェンダーに基づく暴力をなくし、少女と女性がその可能性を最大限に発揮するための平等な機会を提供する分野で、この地域でより大きなジェンダー平等を達成するために取り組む機会に深く感謝しています。


ビショップは、女性に対する暴力を終わらせることに関するタイの主要な運動家の一人です。

2018年の初めに、彼女はタイ当局がタイの新年祭の間に性的暴行を避けたいのであれば「セクシー」に見えないように女性に言っているという新聞の見出しに出くわしました。フェスティバルで自分自身が暴力を経験したビショップは、ハッシュタグ#DontTellMeHowtoDressを付けてソーシャルメディアビデオで発言しました。 #DontTellMeHowtoDressはすぐに男女平等と女性の権利を擁護する運動に発展し、地元および国際的なメディアによって広く報道されてきました。


2018年7月、ビショップはUN Womenと協力して、性的暴行に対する社会的権力展示会を開催しました。この展示会は、国連機関、タイ、フィリピン、シンガポールの政​​府、東南アジア諸国連合、大使館、メディア、市民社会、青年グループの支援を受けました。ビショップはまた、フィリピンとシンガポールの市民社会組織と#DontTellMeHowToDressで協力しました。

2018年11月、ビショップはタイ首相府から「アクティビストオブザイヤーアワード」を受賞しました。


ビショップは、アジアの男女平等を提唱する地域プラットフォームであるDragonfly360のナレッジディレクターでもあります。彼女は安全、権利、そして敬意を表する関係についての一連の児童書を書いています。

「#DontTellMeHowtoDress運動の創設とこれまでのUNWomenとの協力を通じて示された、女性に対する暴力を終わらせるというあなたの強いコミットメントは、あなたが説得力のある雄弁な擁護者であることを示しています」 UNWomen地域親善大使。

UN Womenは、世界中のジェンダー平等と女性のエンパワーメントの進展を加速することに専念している国連組織です。