トルコが女性保護条約から撤退し、「後退を心配している」

トルコが女性保護条約から撤退し、「後退を心配している」

「私たちはトルコにこの決定を再考し、学界、市民社会組織、議会そして社会全体との協議を行うよう呼びかけます」と専門家は言いました。画像クレジット:ANI


「この決定は...女性に対する暴力は重要ではないという危険なメッセージを送り、加害者を奨励し、それを防ぐための措置を弱めるリスクがある」と、女性に対する暴力に関する国連特別報告者のドゥブラフカ&スカロン;イモノビッチは述べた。

彼女は、それは女性を保護し、女性を安全に保つのに役立つ法律を弱めるだけであり、「女性に対する暴力が世界中で急増しているときに、女性をさらなる危険にさらす」と述べた。



欧州評議会のイスタンブール条約は、女性と少女に対するジェンダーに基づく暴力をなくすためのロードマップを提供するのに役立つ最新の国際文書です。女性に対する暴力の撤廃に関する国連宣言、女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約(CEDAW)、および北京行動綱領とともに。

誤解

独立した専門家は、これらの協定は、女性に対するジェンダーに基づく暴力を人権侵害として認めるだけでなく、「それを根絶するための政策と法律を制定することを国家に約束する」と主張した。


「他の国際基準と並んでイスタンブール条約を実施した結果、国レベルで前向きな変化がもたらされた」と彼らは指摘した。

伝えられるところによると、過去数か月の間に、トルコの一部の保守的な政治家やグループは、条約が「家族を脅かした」という懸念を表明し、専門家が支持したのは、条約の言語で表現された「性別」という用語の誤解でした。 。


「それどころか、条約は加盟国に女性と女児とその人権をよりよく保護するためのツールを提供している」と彼らは言った。

再考の呼びかけ

2012年、トルコは35の加盟国の中で最初にイスタンブール条約を批准しました。土曜日に専門家は、議会や社会全体との議論なしに、大統領令による撤退の決定を発表しました。


女性に対する暴力に関する特別報告者であり、CEDAW委員会の議長も務めるグラディス・アコスタ・バルガス氏は、女性に対するあらゆる形態のジェンダーに基づく暴力の撤廃に向けた条約の重要性について話し合うために、「トルコとの対話を歓迎する」と述べた。 「国、地域、国際レベル」で。

「私たちはトルコにこの決定を再考し、学界、市民社会組織、議会そして社会全体との協議を行うよう呼びかけます」と専門家は言いました。

COVIDファクター

トルコでのCOVID-19制限措置を背景に、専門家は、女性に対する暴力、特に家庭内暴力のリスクが高まり、高齢者や障害者にさらに大きな影響を与えることを強調しました。

近年、トルコでの女性殺害の増加を示している入手可能な情報を引用し、彼らはまた、あらゆる形態のジェンダーに基づく暴力を防止し根絶するためのツールの必要性を強調しました。


「現在、トルコがそれらから分離するのではなく、国際的な規範と基準のより良い実施を求めている」と彼らは綴った。

専門家は、政府が女性殺害に関するデータを収集および分析し、それらを防止するためにいわゆる女性殺害観測所を設立するよう求める彼らの呼びかけを繰り返した。

その他のプッシュバック

専門家は以前、女性の権利に対する反発の傾向と、女性に対する暴力を根絶するためのイスタンブール条約の関連性について懸念を表明していた。

国連特別報告者、CEDAW議長、国連および地域の人権専門家は、とりわけトルコの決定を深く後悔していました。完全なリストについては、ここをクリックしてください。

特別報告者と独立した専門家は、ジュネーブに本拠を置く国連人権理事会によって任命され、特定の人権テーマまたは国の状況を調査し、報告します。役職は名誉であり、専門家は彼らの仕事に対して報酬を支払われていません。

訪問 国連ニュース 多くのための。